スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

こうの史代 - 夕凪の街桜の国

夕凪の街桜の国なんちゃって原爆漫画. 「なんちゃって」ってのは悪い意味じゃなくて良い意味で. 原爆の悲惨さをテーマとして「 核兵器反対!」とかじゃなくて, 原爆が日本社会に与えた影響を作品の一要素として使ってる作品.

原爆から被爆, 放射能に関する事じゃなくて, 社会の被爆者に対する態度を問題にしてる. この本は 夕凪の街 と 桜の国 の二つの話がありまして 夕凪の街 では被爆者が時間が経過してから死んでしまったら, 「自分は原爆で死んだと取り扱われるのか」とか「誰を恨めば良いのか」とかそんな話. 桜の国 では社会の被爆者への偏見が被爆者の後の世代にあたえる影響の話.

桜の国 は読んで新しい視点を得られた. 昔の日本の 士農工商穢多非人 みたいな感じです. 全体としては戦争に負けた日本なのに, その敗戦国の中で被爆者を差別する状況は互いに虐げられてる同士なのに農民が穢多非人を蔑んでるかのような状況です. まぁ, 簡単に言えば 部落差別 みたいなもんです. これからの社会の在り方を考えるきっかけには良いと思います.

ごちゃごちゃ描いたけど此れは原爆を中心にして読んだ場合で基本的には色恋もんです. 学歴や親の職業が問題で相手方の親に結婚を反対されたとかと同じで若い世代の捉え方で表現されてます.

映画化される?みたいですけど, どうなんですかねぇ. 説教臭い映画になりそうです. どうせなら日本社会を批判する内容になれば面白いと思う.

2005.09.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 写真 / 絵

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。