スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

パンドラ - 音楽の属性を分析、好みの曲を自動的に探すサービス

自分の好みの曲をストリーミングで聴けるようです.

どうなんすかねぇ. 認知科学, 音響信号処理の分野は未開拓でどれもこれも信憑性薄くて嘘っぱちな気がすんねんけど.,,
現状として音響信号から採譜できないのが厳しい. 音楽の基本の旋律, 和声, リズムの理論を応用できない. 結局は空気振動を解析するしかない. その時点でかなりアウトな気もすんねんけど.,,
できる事と言えば, 音声波形からスペクトルを抽出してこねくり回すぐらい. ビートトラッキング, ゆらぎ, フォルマントとか一つ一つはとっても頼りないから組み合わせで補強していくしかしない. ここら辺が「独自の技術」ってヤツなのかな.
どっかの学会で技術発表してないかなぁ. 少なくとも特許関係でテキストはあるはず. でも英語やったら.,, 面倒くさい.

個人的にはこの分野の技術が開拓されて楽曲検索が容易になる事を望みます. だってポピュラーミュージックに関心ないから, 好きな楽曲を探すだけでも一苦労. さらにそれを購入するのに一苦労. マイノリティーには厳しい世の中です.
解析的な楽曲検索の利点はレコード会社等の宣伝フィルターが無い所. 純粋に自分の感性で気に入った楽曲を見つけられる. 検索システムにレコード会社の圧力がかかっていなければだけど. 問題点は似たような楽曲が多く聴けるので技術的(好みの問題もある)に未熟な楽曲はアラが目立ち淘汰される. これは若手に厳しそう.

アイドルとかのキャラクターで売ってる曲ってどうなんのやろ? アレはアレで別ルートで客を集めてるから関係ないか.

技術が進歩しても問題なのは, データベース. マイナーな曲も入れて.,,

2005.08.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。