スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

引込線 - 所沢ビエンナーレ美術展

西武鉄道旧所沢車両工場で開催中の「引込線」へ行ってきました. 車庫と倉庫の骨組みが見たかっただけなんですが, 色々と楽しい展示でした. どこまでが展示でどこまでが展示かわからん処が特に良かった(笑).



サンプリングした音声を時系列をバラバラに組み立てる事で何かを表現してるのがありましたが, 普通にノイズミュージックと勘違いしててノリノリでした(笑). ヘドバンです.

鏡にライトくっ付けて鏡の中の世界を照らし出してるのも面白かった. 子供の時って無意味に懐中電灯に蓋したりしますよね. アレは光が遮断されてるからホンマに作用が無いねんけど, 鏡に向かって遮断すると懐中電灯自体を照らし出す光(外的光)が連続性を構築しちゃうんよね. 認識論的な話になっちゃうのかな? 照明は物体を照らし出す, つまり, 人間の視界を構築する作用があるって意識があるから照明自体が物体を照らし出さなくても作用が働いてると認識しちゃう. やろなぁと妄想.

良くわからんけど, こういった物体の相互作用, 相互干渉が「もの派」なんですか? 物理学, 認知科学との違いがよーわからん. 生産性への発展を考えると哲学, コンセプチュアル・アートに近いのかな? 芸術で社会に表現する意味は人生守りに入った頭の固い連中の頭をカチ割って無理矢理理解させる為やと思ってたけど, 結局グダグタ作用を説明してたんじゃ論文発表してるのと違いが無いような気がする. ウーン. 素材であれば良いのか? 産業的に原始的な物体を使って何かを主張すれば「もの派」なの? 21世紀では既に他の分野に吸収されているような気がする.

現代でうんちくを語る"芸術家"が何をしたいのかが, 今の処よーわからん. 何かをしたい訳でも無さそうやけど. 箸が転がる様に可笑しさを発見しなきゃいけない時代なんかなぁ. ソレはソレで緊急事態だ! そー考えると重要な活動な気がしてきた. でも, 文化は細分化の一途やしなぁ.,, ウーン.,,

2009.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。