スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Public Image Ltd. - The Flowers of Romance

The Flowers of RomancePILの「The Flowers of Romance」. 「へらへらぼっちゃん」読んで思い出す.

持ってます自分.,, 何で持ってるかって.,, そりゃ好きだから. 試聴で「Flowers of Romance」を聴いた時にビビっときました. ドンドコドンドコ太鼓が鳴ってる中でボーカルの兄ちゃんがアフリカの原住民よろしく雄叫びをあげてる. アヤシい生命力が溢れてる. アフリカの民族音楽だけじゃなく, インドチックな妖しさもプンプン. どっかの古い遺跡で儀式してるイメージ.
ハーモニー無しのリズムだけでこんなけ人をひき付けられるのは凄い. リズムはハーモニーより人間の深い所にあるって事がよくわかる. ハーモニーは歴史的に見ても後期に発見されたモノやし人間の知恵の結晶みたいな所あるから, リズムみたいに本能に訴えかけるような力は無い.
今気付いたけど, だからクラシックは大勢の人間には受け入れられへんのちゃうん. ポピュラー音楽は常にリズムを刻んでるけどクラシックはメロディー, ハーモニーを重視した構成やし. まぁ, 勘違いしてクラシックにリズムを求めてる人がいるのもあるけど. あれはメロディーやハーモニーを楽しむ音楽です(大抵の場合).

エー, ここのボーカルさんは天の邪鬼なようで. 聴衆を欺いて腹抱えて笑う人みたいです. 有名なところで言うと Sex Pistols のボーカル.,, やったはず.

まぁ, 普通に生きよう思ったらこんなん聴いてちゃ駄目! お洒落なオルタナティブでも聴いてください.

2005.08.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。