スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

宮地昌幸 - 亡念のザムド

忘れそうなのでメモ.

「襲撃 ザンバニ号」は日本アニメらしい, 気持ちいいパタパタ感. 演出や台詞のシリアスさに比べて作画が爽快すぎるのは違和感がある.,, もっとクドい, 重たい作画でも良かったんちゃうかなぁ.,, と, 一個上の贅沢な不満. 作画監督の板津匡覧氏, 押山清高氏をはじめ有名所勢揃いな回.

「大きな石と少女(最終話)」の紅皮伊舟とヤンゴのやりとりのボワットした奥行きの作画がおもしろい. 丁寧さ, 正確さで考えると仕事が雑だけど, 個人的には好きです. 動きの良い所を残したままラフ原を修正したら, こんな感じになんのかなぁ.

2009.03.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。