スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

是枝裕和 - 歩いても歩いても

歩いても 歩いても [DVD]歩いても 歩いても [DVD]
(2009/01/23)
阿部 寛夏川結衣

商品詳細を見る

やってる事はただのホームドラマなんだけど, 表現内容とテーマが素晴らしい. 心が洗われて人をする事がどういう事かを自覚させてくれる映画です. ある意味心を殺されるような喪失感も得られます. 初めてこの感覚を味わったのは祖母がなくなった7才の時でした. 人が存在しなくなる, 心がなくなる事を突き詰めて考えたときに同様の喪失感を味わいました. 人をするという行為は「好き」だとか「嫌い」だとか一部分の感情ではなく, 接する者が相手を心全てで受け止める行為なんだと自分は考えています. この映画を観た後に自分の心の動きを表現する言葉が見つかりませんでした. それはつまりそう云う事なんです. 友人や仕事仲間はいざとなれば縁を切る事ができます. しかし, 家族は自分の人格を形成する根本にあたる部分であり拒否する事ができません. その家族との関わりはでしかないと自分は考えています.

是枝裕和監督はドキュメンタリーも撮っている為かも知れませんが, メッセージの為に人を撮るのではなく, カメラに写る人を掘り下げるスタイルのように感じられます. ワンダフルライフと同様にわざとらしい所(孫に夢を語らせる所)も若干ありましたが, 純粋にこの映画が好きです.

そして, 絶対家族と一緒に観たくないです.

2009.02.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。