スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

非接触型バッテリープレート

20080803_0_convert_20080803151921.jpg20080803_1_convert_20080803152021.jpg20080803_2_convert_20080803152046.jpg

Newton 導入しました. 嘘です. iPhone 導入しました. で, 携帯電話 + iPod から iPhone 一個になって荷物が少なくなるやろうと考えてたら, 大きな間違いでした. Windows Mobile もそうやけど iPhone は大体1日でバッテリーが切れちゃう. 保険に充電用のバッテリーが必要.

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2S KBC-L2SSANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2S KBC-L2S
(2007/12/11)
不明

商品詳細を見る

で, 自分が使ってるのは eneloop mobile booster KBC-L2S(↑). デザインがシンプルだし USB 出力が2つあるので複数のガジェットに適用できて便利. iPhone 本体と Bluetooth ヘッドセットの同時充電も可能. 試した事ないけど.

でもね, 一々接続するのが正直面倒くさい. 無線ネットワークとクラウドコンピューティングでデータ管理を意識しなくてよくなったのに, エネルギー供給で有線接続してたんじゃ「結局一緒じゃないの?」って思っちゃう. で, 非接触充電がもっと広まらないかなぁっと.

帰宅後に鍵とか小物って定位置に置く習慣がある. 同様に携帯とかガジェットにも定位置がある. 携帯電話ならデスク上だったり, ベッドサイドだったり. そんな定位置に非接触充電装置を設置しとけば, ある程度は有線接続よりはマシかなぁっと. どこで読んだ記事が忘れたけど, テーブル上数cmだけに展開される無線LANネットワークがあって, 実際問題テーブルにノートパソコンを置かないとネットワークに接続できない環境があった(記事知ってる人おしえてください.,,). ソレに近い感覚. 接触アクションは必要なんだけどソレを人間が意識しなくても済む充電スタイルが欲しい.

それでも携帯電話, ガジェットには問題が残る. 携帯してる訳だから充電場所を特定されちゃ緊急時に困る. で, 非接触型バッテリープレートが実現されたらなぁと妄想. バッテリーなので結局充電しなきゃいけないんだけど, 非接触型バッテリープレートも非接触で充電できたらある程度マシかなぁ. そんで, 充電済みの非接触バッテリープレートを鞄の中やポケット等に忍ばせとけば, 携帯電話やガジェットは勝手に充電される. 基本をシンプルなプレートにしとけば柄でバリエーションは確保できるし普及すると思うんやけどなぁ. コースターに近い感覚. そんな妄想(↓).

20080803_3_convert_20080803151213.jpg

非接触充電は電磁誘導なんで超えなきゃいけない問題は山ほどあるんだけどね.,, 技術的な観点でなく生活スタイル的な観点で個人的に欲しい. 理想は携帯電話, ガジェット自体が発電する事やねんけど, 現実問題実現は当分先そうやから中継ぎの技術として発展しないかなぁ.

2008.08.03 | | Comments(1) | Trackback(0) | 絵空事

コメント

>どこで読んだ記事が忘れたけど, テーブル上数cmだけに展開される無線LANネットワークがあって, 実際問題テーブルにノートパソコンを置かないとネットワークに接続できない環境があった(記事知ってる人おしえてください.,,).

コレでした(↓).

イトーキの「LANシート」
http://www.itoki.jp/lansheet/

グッドデザイン金賞取ってますね.

2008-10-13 月 12:03:03 | URL | 元 #wbvlsWA2 [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。