スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Brothers Quay - Rehearsals for Extinct Anatomies

Phantom Museums: Short Films of the Quay Brothers今となっては「STREET OF CROCODILES」より「Rehearsals for Extinct Anatomies」が好き. どんな映像って訊かれたら「瘡蓋剥がしたい衝動を視覚的に表したの」とか答えそう. しゃっくりとか, 手の震えとか, 目についたゴミとか, 足のしびれとか, 換気扇の音とか, 切れかけの蛍光灯とか, 電撃殺虫器の断末魔とか, カーテンの隙間から入る車のライトとか, 天井の模様とか, 毛玉とか, 時計の針の音とか, ホワイトノイズとか, 絡まった髪の毛とか, 浴槽の水が流れきる間際とか, 結露とか, まぁ, そんなん好きな人は楽しめそう.

The beautiful people」で好きだった表現技法はこの時代に既に発明されてました. なんたって元祖ですからね. 映像のミニマルっていうかループは一昔流行ってたけど, コレはそれよりさらにミニマルな生理的な現象を取り扱っている. 「STREET OF CROCODILES」はまだテーマらしき物を感じ取れたけどコレはチンプンカンプン. なんたって基本ぶれてるだけですからね. 生理的にドンピシャやからそんなことどうでもええけど. 「現象だけで映像って構成できるんだ」と驚きです. 映画でもちょっとだけならシーンの切り替えとかに使われますが, こんなけ長時間現象だけってのは凄い. 後半からはカメラワークにウエイトが置かれるから前半限定で. 「ピタゴラ装置」も現象って言えば現象ですが, 目的がある現象だからベクトルが違う.

全然関係ないけど「ファンタジックチルドレン」の24話を思い出した. 話の流れからしたら全然関係ない事もないけど.,,

「STREET OF CROCODILES」も合わせて Leszek Jankowski 氏の音楽が好き. この前 iPod から King Crimson の「Providence」が流れた時に久しぶりやから序盤で「STREET OF CROCODILES」と勘違いして「アリやわ」とか思った. ちっこい頃よくブラウン管からこんな音楽聴いてました. 夢のBGMもこんなんやった. 「ドナドナ」「赤い靴」テイストに昭和歌謡テイストが入って混沌としてたけど. アー, 全然別ものやね. ってか印象だけでメロディーとかもう憶えてないし.

映像の説明ぜんぜんしてないですね. ハハ.

2007.11.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。