スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

榊原澄人 - 神谷通信

前々から気になっていた「神谷通信」. web で観れた.










"本当と嘘"と"人の世とあの世"のバランスが面白い. 実際にはない世界は日常とは異なる描写がされているが, あの世は日常と同じ描写がされている. "本当と嘘"はあの世では等価値で, "人の世とあの世"は個人には等価値で, 全てに意味がなく流れているけど, そこに期待しない願いが流れている感じ. 初めての盆って設定が微妙な心境を表しててエガッタです. 更に後の, 家族の距離がこの世とあの世でも大して変わらない描写もエガッタです. 彼岸です. 日本は仏様も神様も沢山いる特殊な文化圏なので, それも含めてイギリスでは評価されたりしたのかなぁ. 正当に評価されたのかも少し疑問.

アニメーションの技術は凄かったです. 学生時(?)の作品らしいのでやっぱり過度な期待はして無かったのでビビりました. 2コマっぽい動かし方で日本アニメとは印象が異なりますが, 印象が異なるだけで悪いわけではない. 個人的にタイミングが緩慢と感じる所はちょっとありますが.,, 風鈴は良いです. 淡い色彩と浮世絵的に平面的で属に云う影なし作画もされているのですが, 立体感が違和感無く構成されています. ストーリー以外の部分でも当分楽しく観れそうです.

2007.11.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。