スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

フォーマットの世代と表現の世代

オーディオセッション in OSAKA 2007 に行って思った事. 纏めるのめんどいのでテキトウに.

ソニー 〈ブラビア〉ビデオプロジェクター VPL-VW200 ソニー 〈ブラビア〉ビデオプロジェクター VPL-VW200
()
ソニー

この商品の詳細を見る

SONYのVPL-VW200 (こいつ↑)はフレームレートを無理矢理120に変換して映像を流せる. テレシネ的にフレームを複製するのではなく中間像をリアルタイムに計算して作り出す. それで映画を観たけど, 滑らかすぎて映画の世界がぶち壊しでドキュメンタリー風. 是非はともかく現在の映画のフォーマットにはそぐわないと感じた.

フレームレートを変えただけで印象が変わる. 映画をTV放送すると既に別物. TV放送をキネコしても別物. 音楽もそう. テープ, LP, DAT, CD, MD, SACD とか色々あるけどフォーマットによって印象がバラバラ. って事は既にフォーマット毎にジャンルが形成されているのかも知れない. LP の音は CD の音とはやっぱり違う. どっちが良いとかじゃなくて別のジャンルと考えた方が良いのかも知れない. 新しいフォーマットが出来る毎に新しい表現が生まれるので実際に異なるジャンルへと変貌を遂げている. しかし, 社会の構成でカテゴライズは重要なので歴史に影響を受ける.

最近の若い人は音質にあまりこだわらないらしい(経済的な事情も多分にある). 圧縮音楽を購入するらしい. 前提からして求めている物が違っていて知っている物も違う. 自分もワザとビットレートを落として聴いたりする. そっちの方が好みの場合がある. 違うジャンルの物が"音楽"と統一されて呼ばれているだけ. 既に送り手にフォーマットの自由は無い. フォーマットをまたぐ表現を求められている. 自分は映像の画質にあまりこだわらないつもりだったけど, フレームレートは重要だなぁと最近感じ始めた.,, フレームレートを変えて比較して観るのも面白い. オリジナルが何なのか判らなくなり解析的な見方になる. 最終的に独りよがりに好みのフォーマットに変換して鑑賞したりする.

常に思うが社会の概念が邪魔で仕方ない.,, ってか巧く言語を使いこなせない.

2007.11.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。