スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

skype によるアドホックネットワーク

研究室時代にアドホックネットワークを研究している同期がいました. 当時はなんて不安定で実用性のないシステムだろうと考えていました. が, Skype について調べてるうちに現実味があるシステムであることがわかりました.

技術的な事に興味がある人はご存知だと思いますが, Skype の通信ネットワークは P2P で構築されています. Winny とかで悪いイメージがありますが技術的な観点からは興味深いシステムです. 各クライアントが処理を分担しているので, サービス提供側は強固なサーバを用意する必要がありません. ネットワークを各クライアントに依存しているので保証はありませんが無料である事を考えれば十分な品質のサービスです.

アドホックネットワークってのはザックリ言えば多数の移動機端末によって通信経路を確立するネットワーク. 現在の Skype の普及はネットワークに繋がれたPC端末ですが, 携帯として普及すると移動機端末となります. Skype 移動機端末による P2P ネットワークは人間のいる所をほぼカバーできます(ホスト間の距離が大きいと無理ですが.,,). まぁ, 携帯ではホスト機能を常時提供するだけの電力はまかなえないので現実的に考えれば車かな. ビジネスライクな使用では盗聴の危険や回線の保障が無いので使い物になりませんが, 一般の人が会話する分には十分な品質です.

現代人は世界が広く遠いとも感じていないので, そんなに親密なネットワークは必要ないのかも. 用途, 階層に合わせたネットワークがあっても良いのかも. 人間の実はあやふやで稀薄なネットワークを技術的に再現できていているのが面白く, 技術に表現を感じます. 最近の芸術は科学に傾いているので逆に科学を芸術表現と捉えるのは自然な流れかな. 自分の価値観は新しい価値観に追い付けていない, 流れに乗れていないなぁってのも感じました. 一般を追従できない? まぁ, 異文化に囲まれているので刺激と理解の悦びはあるんやけどね.,, 同じ事書いてますね, 進歩が無いですね, 意識を意図的に積み上げるのも程々にしないといけませんね.

アドホックネットワークについてはしっかり調べていないのでこのエントリーは鵜呑みにしないで下さい. 各端末をどう管理しているのかとか自分でも謎な所が多々ありますので.,,

2007.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。