スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Brothers Quay - STREET OF CROCODILES

Phantom Museums: Short Films of the Quay BrothersBrothers Quay の作品集. ついに買ってしまった.

全部通して観ようとすると体力が持たなくて途中で寝ちゃう.,, とりあえずお気に入りの一つだけ記録. パペットアニメーションの世界では知ってて当たり前ぐらい有名な作品らしいです. まぁ, アカデミックな教育受けてないしねぇ.

ブルーノ・シュルツの「大鰐通り」が原作の「STREET OF CROCODILES」. 映像の流れ的には「ある男が変な建物の中を探索してたら, 建物の世界に飲み込まれた」みたいな感じ. 映像の綺麗さ, ナンセンスさ, ノウタリンの腕や顎の角度, カメラのバウンド, ネジの上昇. それだけでも十分楽しませてもらえる. 内容云々ってより映像が素晴らしい.

意味は良くわからんけど感じとれたのはこんな事↓. ネタバレっぽいので未見の人は要注意. まぁ, この作品は意味を理解する事より感じるとる事の方が重要やねんけど.,,


・地図上の街は糸で力が伝達され動いている
・男は糸から解放され観察を許された存在
・絡まった糸では動力は伝達されない
・服(皮)は針と糸で縫い合わされ, 機械はネジでパーツが固定されている
・ネジ, 針, 男性器はかたちどる, 繋ぎ止める象徴
・機械人形はネジに赤面しもだえて糸を産出する
・ネジと機械人形は我を忘れ回り続ける
・機械人形は壊れ, 街は力で満たされる
まとめると社会が崩壊しているってこと? まぁ, そんな感じを受けた.
ってか, そんな事が最後に書いてある.

2007.09.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。