スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Eric Mertens - White Worker

White Worker電脳コイル12話「ダイチ、発毛ス」の噂語りの音楽を聴いたら思い出した. Eric Mertens の White Worker. CD買って再生して「音悪!」ってなってからあんまり聴いてなかった. アナクロな電子音を狙ってるのだろうが, 音が割れてるのは根本的にどうなのか?って感じでした. 圧縮音楽やと違和感無く楽しめるんやけどね.

空想科学の現実味の無い展望みたいなニュアンスの楽曲です. エレクトロニカよりのチェンバーミュージックでレトローフューチャー路線. 例えるなら実用性を無視した無駄に流線型なプロダクトデザイン. コジャレテル?けど, 重みが無く, "軽み"を臭わせる程ワビサビの効いた展開もなし. 音楽というスタイルを遊んでいる感があるので, 音楽の歴史を知らない人は楽しめないかも. 音楽に造詣が深い人は楽しめると思います. 自分はどこまで行ってもミーハーなので生理的に面白い, インプロよりの音楽しか楽しめません.,, 和声とか難しい事楽しめる程進化に追い付けてないです.


リズムで少し遊んでいる所(ME)があるのですが, 学生時分に作った曲と同じようなアプローチをしていて, 鑑賞に堪えないマスターベーションを見せられてるようで生理的に受け付けませんでした. まぁ, コレは超個人的な感覚.

エントリー書いてて気になって「ミーハー」って単語調べたけど, 語源はコレなんやー. 多分使い方あってる.,, はず.,,

2007.08.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。