スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

内田康夫 - 箱庭

箱庭たまには活字でも読まんと, 想像力が欠如するかな?って事で, 前に買ったままほったらかしの小説を読んでみる.


読み易い. 読み易すぎて後に何も残らない. ついでに「箱庭」ってのはとって付けたようなタイトル(あとがきにもそんな事が書いてある).
この探偵モノシリーズがミステリーのジャンルでヒットを続けてるらしいけど, 俺には理解できない. 娯楽としてみると, 後に緒を引かないし, 時間を消費するにはもってこいの作品だと思う. でも長い期間評価されるかどうかは疑問.

探偵モノなんやけど謎がそんなに引っかかるわけでもなくストレスも無い. 謎解きが始まる前に読者が自ら答えを出せるように丁寧に作られてる.
逆に, 主人公の飄々とした設定のせいもあるけど, 全てを客観的に表現してて事件そのものに関心を持てないし, 人物が薄っぺらく感じる.
取っ付き難くなってもいいから, もう少し敷居を上げてもいいんじゃない?と思ってしまう. そしたら, 人間の奥深さとか, 謎を解く快感をもっと感じられるのに.,,

あえて印象に残ってる所を上げると事件が解決した後の犯人との会話の一言.

「欲ではなく、せめて夢とおっしゃってくれませんか」

醜いものである欲を許せるほどの背景があるからこそ出る言葉. 例外もあるけど, 人が醜くなるって事はその前の美しい状態から堕ちていく理由があったという事で, その過程を知っていると, 第三者は人の醜さに美しさを感じ取る事ができる. と俺は考える.
これを本人が言ってしまうと正当化にしかならずエゴそのもの. これは本当に醜い.

こういった謎解きって作品にすると表現が難しそうとか考えてみる.

実際の事件は必要, 不必要な情報がゴッチャになってる中から必要なものを探し出すんやけど, 作品にするとページ数やテンポの問題もあって, 必要最小限の表現で経過を表す. この場合, 途中で不必要と思われる描写があれば, それは読者が今まで知り得なかった情報が含まれている事を示していて, 謎を解く鍵となる. このままだと簡単過ぎて謎を解く快感は得られない. そこで作者は謎を解く鍵をあたえながら読者がその鍵の解釈が解からないように話を運ばなければいけない. 単純に作者と読者の発想の勝負になる.

そもそも探偵モノって嘘の事件で嘘の描写. こんな嘘の塊みたいは話を作品にまで昇華する物書きってスゲーなぁ.

2005.08.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 書籍 / 言葉

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。