スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

植田正治写真美術館

友人につれられ植田正治写真美術館に行ってきました. 事前情報がまったく無かったのですが, 数点だけ知っている作品もありました. シンプルで頭使わなくて良さそうな楽しめる作品でした.

今回はじめて植田正治の作品を意識して観たので, まだ, スタイルが確立された経緯やスタンスはほとんどわかっていません. 何となく(矢鱈滅多にかぶいていない)寺山修司っぽさを感じました. 写真の知識が乏しいので紐付けられる物も限られてます.,, 距離感を無視させる砂丘の中の構図が空間的にもシュルレアリズム, キュビズム辺りの絵画に似た印象を受けます. 写真はもともと記録を録る装置であったのに, 意識的に創造に用いることは言われてみれば斬新です. 意図的な創作写真とは別に静物の写真も楽しめました. 着眼点がシンプルなので, 作者の目線で被写体を捉えることができます. 衝動的な着眼点が押し付けがましくなく素直に共感できます(本当はメッチャクチャ深いことしてるかも知らんけど.,,).

地方出身であることにコンプレックスがあるよう面がパネルの言葉から若干(?)感じ取れます. コンプレックスの無い人が新しいもの, 個性的な物を創造できるとは自分は考えられなく, "乗り越える課題のコンプレックス"を持ってる人は逆に魅力的に感じます. 言葉とは裏腹に, 自分は地方の写真にキナ臭い郷愁感は感じられませんでした.

図録を購入したのでチョコチョコ何気なしに観ていきたいと思います.

建物自体も面白いです. 土地との調和を考えるとやり過ぎな気がしないでもない(笑).
高松伸氏が手がけています. 身近な建造物も結構この人の作品でした.
20070430_1.jpg 20070430_2.jpg

ポツンとした所に美術館があるので.,,
バスでも来れるみたいですけど.,,
コレ↓なんで.,,
20070430_3.jpg

オススメです.,,

2007.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 写真 / 絵

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。