スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

東映アニメコレクション - こねこのらくがき もりやすじの世界

こねこのらくがき~もりやすじの世界久しぶりに映像を観て興奮しました. 名前は聞いた事あるし, 古典として, 資料として観とこうかなぁって感じで.,, ヤラレました. もりやすじは凄い人なんですね. 「あの時代に既にこの作画スタイルが確立されていたんですか」って感じです. まだ, 全然仕事知らんけど.

こねこのらくがき
絵が動く楽しさを表現した映像です. まず, この時代で, 既に, こんなけ丸みをもったキャラクターを動かすことができているのに驚きました. 現在の主流は平面的な構造と丸みを帯びた構造をごちゃ混ぜにしてるので新鮮に見えました. 今のキャラクターデザインはある意味実験的でオモシロい.
車の回るカットで"あるコマにタイヤが欠けている"ために加速を維持できない所など, アニメーションの遊びが多々あります. 平面である線が立体的に認識されたり意味を帯びたりするのはやっぱりオモシロい.

こねこのスタジオ
ロボットの剣劇がBGMに合わせてスタイルを変える所がドンピシャ. ギャフン! 動かし方のニュアンスに目を奪われます. 文化とともに動きのスタイルが存在してるのがわかります. 無生物なので意図的に柔らかい動きが排除されていて, ポイントが明確なのでわかりやすい. 逆に生物の動きは柔らかさを帯びています. 映画等を観てると, 日本人の芝居には違和感を感じたりするのですが, 他国の芝居は自然に見えたりします. 単純に文化を知らないだけで, 現地の人から観たらお約束な芝居様式なのかもしれません. 外から見てみると日頃目にしてる物が案外高度だったりします. 普通(スタンダート)ってのはある点において凄い事です. 同様にアニメーションを他の分野の視点から観ると色々と楽しめたりします. 芝居, 演技の最前線では, 今, 何が探求されているんですかね. 物理学みたいに原点にもどって分野の土台造りからやり直してたりするんですかね.
「こねこのらくがき」ではパラパラ漫画の構造に近い表現をしてましたが, 「こねこのスタジオ」では映画(アニメーション)の構造を表現しています. ゼンマイを巻き過ぎたロボットの動きの速度を"ブレ"でなく"コマの飛び"で表現してるのがアニメーターらしいです. 役者をロボットで代用する所もキャラクター作りや作画に近い気がしないでもない.
太く均一な線を用いる事で無生物を表現してるのに興味を惹かれました. 線の躍動感を意図的に排除する事で硬質的に平面的に処理してるんですね. 線一つからここまで違いが出るのには驚きました.

もぐらのモトロ
モグラ以外がオモシロかった. 気にならなくなった頃に追記. するかなぁ.,,

初期東映動画の映像が断片的にですが収録されていたり, 資料的な価値もあります. ソレ等を見るとアニメーションはやっぱりお金がかかるんだなぁっと.,, 時代が同じでも短編とTVでは全然質が違います.

まぁ, とにかく「こねこのスタジオ」は病み付き. なんかうつのみや氏っぽさも感じます.

2007.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。