スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

森田修平 - FREEDOM

Yahoo!動画で全話配信するとの事です. 2話は19日正午まで.
とりあえず紹介だけ.



FREEDOM 1Yahoo!動画で一話が20日の正午まで配信. 後少しやね.,,

とにかく観てみました. 全体の印象は2D, 3Dとか変なことを意識しなければ普通に映像として楽しめます. ストーリーは王道的で大友テイストの江戸っ子テイスト. 変なことを意識しながら見ると出てくる不満は多分期待なんでしょう. 所々「AKIRA」を彷彿させるカットがあるのが何故か笑えました. 「17」って数字は「AKIRA」の「28」みたいになにか意味があるんでしょうか?

OPは「AKIRA」のカラーコミックテイストで3Dのミニチュアワールドが展開してました. 3D3Dしてるので小ちゃい玩具の世界みたいな感じです. スケールは小さく見えますがオマケみたいな魅力があります. 背景美術もおもいっきり大友テイスト.

所々微妙でしたが半分ぐらいのモーションはある程度自然に見えました. 関節の伸びとか筋肉の湾曲もある程度自然に感じました. 野外のレース前の会話, カップヌードル好き, レース前辺りが良かったです. 大概座った芝居や.,,
モデリング的に表現できないので動作の中間フレームを省いて想像で補完させるって手法なんでしょうか? (自分が考えるに)そもそも2Dの作画は動作の意味を一つのコマに集中させて動きを連結させてるので, 逆の様なアプローチでも原理的には同じ手法? 作画はイメージを焼き付ける様な手法なので, 3Dの方が動きを表現するのに向いているのかもしれません. まぁ, なんだかんだ言ってさっぱりわからんのやけど.,,
3D系のアニメーションを見るといつも思うのですが, 頭を振る時に上半身だけでバランスを取ってる気がします. 腰を動かしてバランス取らないんでしょうか? それとも画面外まで考慮して全身で動いてもあんな感じに見えるのでしょうか? うーん.,, ある意味2Dの過剰なフラフラ作画と同じ. ってか足りない表情を無理に上半身の動きで表現しようとしてません?

表情も主役キャラクター達に関してはある程度自然に見えます. 筋肉が伸びる部分は良いけど, 縮む部分はどうなんかなぁって気はしました. サブキャラの表情はもう少しバリエーションが欲しいなぁっと.,, 3Dでアニメーションしようと思ったらかなり派手に表情付けなあかんねんなぁ.,, 自然に見せるには表情のバリエーションをどれくらい用意しなきゃいけないんでしょ.

野外の走行の服のなびきは3D? アップの時だけなびいてたけど, やっぱり作画でやってんのかなぁ? かなり気持ちいい. 煙や火花の作画を見ると, 日本の作画はかなり一コマに情報を詰め込んでると感じました. エフェクトはよくわからん.,,

コレを観て, 2D的な3Dのアニメーションも良いかもと思ってきました. 次が楽しみです.

2006.11.19

FREEDOM previsitedFREEDOM previsited

カップヌードルの誕生日は9/18だそうです. へぇ. CMでやってるアレが連続モンで作られるとか何とか. 大友氏は既に関わっていないとか何とか. カネ◯やテツ◯らしきキャラが.,, ってか Windows じゃないと観れないんですか.,, 面倒くさい.,,

この作品は人物(と物体)を3Dで作って, エフェクトをドローイングでやるっていう従来の手法と逆の手法で作ってます. エフェクトは橋本敬史氏が担当してるとのことです. 最近だと「化猫」や「STEAM BOY」をやられています.
3Dは3Dでドローイングとは別の方向を開拓したらオモシロいと思うんやけど, 商業的に考えてドローイングアニメーションの客層を引き込んだ方が儲けが出るから, このような試みがされてるんでしょう. 3Dのモデリングとモーションも段々熟れてきた感じを受けますが, 技術の進歩か観る側の慣れかはわかんない. ともかく, 色々な手法が生まれるのは観てて楽しい. けど, 予算が厳しいからってドローイング系が無くなると, それは悲しい.,,

「STEAM BOY」も然り, 大友作品を観てると演技の付け方がアナクロな感じを受けます. 「え?握りこぶし?」みたいな. 「AKIRA」当時では画期的だったかも知れませんが, 今観ると違和感をおぼえます. しかし, 大友監督は演技とは違う所で常に新しいことをやってのけてくれるので観てる側としては楽しいです. 「STEAM BOY」は公開が遅れに遅れてちょっと微妙でしたが.,, 技術の上積みか? 先天的か? パイオニアのその後の動向はソレで決まるのではと考えてしまいました.

2006.09.18

2007.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。