スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

大阪ハイエンドオーディオショウ 2006

大阪ハイエンドオーディオショウ 2006」に行ってきました.

オーディオシステムだけで一千万を越える様な音をぶっ続けて聴いてました. 途中から「なんでこんな音出んねん, なんで綺麗にまざるねん, なんで低音が出るねん」と逆切れ状態でした.

オーディオの実質的な必要性を感じ始めてまだ間もなく, メーカーの名前とかはあんまり知らないので, 同行した人達の口から出る言葉は呪文でした. そんな自分が記憶しているのは JBL のスピーカーは嫌みなくサラーっとしたホワイトノイズみたいな感じの音を出してて, MONITOR AUDIO はカッチリした音を出してました. あとは「すごいなぁ, さっきとの違いさっぱりわからんけど」って感じでした. 良い音ばっかり聴いててもわかりません, たまに悪い音があったりすると劇的に違いがわかるんですけど.,, そんなモンです自分の耳は.

今回一番記憶に残ってるのは, AVALON ACOUSTICS, JEFF ROWLAND, WILSON AUDIO の試聴が出来た部屋の飴ちゃんの味です. 特濃ミルクが執拗なまでに甘いことを思いだしました.

あとオモシロかったのは, 同室の司会進行解説を勤めるナレーターの口からでる論文翻訳調の言葉. 「ホニャララとチョメチョメを採用することにより音質が飛躍的に上がったことは皆さんのご承知の通りです」とか「ホニャララの手法では SACD の本当の音を再現したとは言えませんよね?」とか前提が既におかしいナレーションでした. ナレーターの人もカンペ読みながら半笑いでした.

そんなこんな.

2006.11.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。