スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

岡本有樹郎 - THE 八犬伝~新章~

THE 八犬伝~新章~色々と噂の大平, 湯浅氏の「浜路再臨」と, うつのみや氏の「妖猫譚」を目的に観ました. かなり前に観たんですけど, 色々と濃過ぎて全然消化できんから, 逸そのことで記録. 一枚に色の違う作品がこんなけ収録されていると純粋に見返したりする体力がありません.,, 個々はオモシロいことやってたりするんやけど.,, 胃もたれ.

自分が楽しめたのは「妖猫譚」, 「浜路再臨」, 「欣求浄土」辺りです. パラパラッと観ただけなので印象だけです. 「欣求浄土」は丁寧で正当派. 「浜路再臨」は今となっても実験映像. 「妖猫譚」はお芝居. その中で「妖猫譚」だけ数回見返しています.

「妖猫譚」を観ると沖浦氏がうつのみや氏の影響下にあるのがよくわかりました. また, 方向性の違いにも気付きました.
「妖猫譚」は時代的に風習に感情が縛られており, 「人狼」は役職的に感情が縛られています. この二つの作品は演技における舞台設定が似通っています. どちらも感情を表に出せない人達ばかりのお話です. 自分の感覚では「妖猫譚」は人間固有のノイズでストーリーを語っていて, 「人狼」は芝居様式でストーリーを語っています.
沖浦, うつのみや両氏はリアル系作画の人だと思うのですが, 沖浦氏は生物的な人間のノイズ, うつのみや氏は個人特有の個性としての人間のノイズを表現してると思っています. そのため, 「人狼」はあそこまで緻密に作られているのに演技という記号で物語が構成されている様に感じました(時代に対する理解が足りないことはわかっています). 逆に「妖猫譚」の"堅苦しいお家のことは興味ないから玉を転がして聞き流してるんだけど, 色恋の結論を聞いた瞬間, 口を挟まずにはいられない"みたいな描写が人間くさくて気持ちいい. 「妖猫譚」の方が表に出していない, 出せない感情を巧く表現できている気がします. ってか自分がそう感じただけ.
仕種等から見える内面が言葉とチグハグなのがもどかしい. そしてもどかしい話であるのに演出が明確なまでに明確であるため, よりいっそうもどかしい. そのため作品自体がもどかしい. 作品そのものが人間くささをもっている. という流れでお気に入り. ついでに. 「やいやいやいやい」から家に侵入するまでの作画が生臭くて好き.

噂の「浜路再臨」ですが, 最近の大平, 湯浅両氏の仕事を知っているのである程度の心構えは出来ていたつもりでしたが, それでもぶっ飛んだ実験映像でした. 演出的なことはさっぱりわかりませんが, 絵的にはぶっ飛んでました. それはともかく, こちらも「妖猫譚」と同様, 人の内面を語った話なんですが, 最近の映画やドラマの傾向からすると, この作品のような感情を吐き出すストーリーの方が受けが良いんでしょうね. 自分は垣間見える感情の方が好きなので, 作画, 演出的なところに目がいってしまいました. そんで, 未だに何も消化できていない.

「欣求浄土」は単純にアクションの作画が丁寧だなぁっと. あと敵方のさっぱりした顔の人物とかの一時期はやった骨格の捉え方はうつのみや調なんですかねぇ? 日本のドローイングアニメーションで人物を立体的に捉えたパイオニアらしいのですが, 時代にそって映像を調べた訳でもないのであまりピンときません.

この頃はアニメーションを資料的な見地からばっかり観てるので, 不純で間違ってる気がしてます. 技術的なことだけでも書こうと思えばカット単位でアーダコーダ書けそうなんですが, 重箱の隅を突く様な不毛な行為になりそうなので止めときます. でも, そうでもせんと「妖猫譚」みたいにドンピシャに巡り会えんからなぁ.,, あぁ非効率. あと, 自分は作画でなくて演技や芝居に関心があるのがわかってきた.

2006.10.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。