スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Aliza Marie

その昔, 「Aliza Marie」というヴィジュアル系バンドがおりました. 活動休止ですが実質解散と同じと思います.

自意識が芽生えて来て, それがピークになった中学生(小学生?)の心情を, 中学生視点の声で青臭く表現してた. もう, 青臭いってより生臭いぐらい. とっても視野は狭くて無知なんだけど, 人はその中で必死で考えて苦悩してるって感じ. ちゃんとヴィジュアル系をやってる感じ. 見た目は見た目で別.

特に好きなのが以下の二曲.

「A子」
コミュニティーの維持のために虐めていた相手が事後直ぐに自殺してたのを知って, 豚の憤りみたいな曲. 結局は何も解決してないんだけど感情の破裂だけはとても色鮮やかに表現している. 最後に

どうすればいいのかな おしえてよ 匿名希望のA子

って歌詞があるんですが, それをずっと

どうすればいいのかな おしえてよ 僕は生き物 A子

って勘違いしてて, 深いなぁって思ってました. どんなに悩んでも所詮人間ですよってことを謳ってるとずっと思ってた. この曲を自分の中で名曲に押し上げた空耳. 「一人が嫌な僕も」を「一人外野な僕も」とか色々. 基本的に自分の耳は日本語の音域にピントが合ってない気がする.,, 歌詞カードも読まんしなぁ.,,
再録したのもありますが「匿名希望のお便り」の方が断然好き.

「色を亡くした子供達」
現状の苛立ちに処する術を知らない心の叫びの曲. 個人の主張が常に確固たる理由に基づくものではなく, それでも主張しなければ前に進めない人間の無様さを表現した曲.

僕等は歯向かった 理由もなくただ歯向かった
歯向かう事で 僕は自分の色を出せると

失敗とか成功とかって客観的に評価されるけど自ら掴み取った成功と失敗はどっちも大事. 成功も失敗も与えられる状況から一歩前に出たって感じ. コレって「中学生日記」の主題歌になってもオカシクないんちゃう?とか思ってる(中学生日記の内容知らんけど). けど, "キチク"がいるから無理なんやろなぁ.,,

2006.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。