スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

梅棹忠夫 - 情報の文明学

情報の文明学科学が社会に吸収され文化が形成される過程をなんとなしに理解できました. 情報をメディアが提供する見聞きの物に限定せずに, 人間の五感に刺激を与えるものと捉えて, 尚かつ, 物体として空間に存在する物と定義した上で一般社会にどの様に影響を与えて変化させるであるかを予測しています. 新しい原理を発見した人が全てに対して発見の原理を適応してしまう如く, 事例が多く書いてあり, 身近な事も含まれており, 観念は理解し易いと思います. 特に, これは古い書籍なので予期してる事例が現代の物なので理解が容易です.

自分は音楽とか映像とか娯楽商品が好きなので, 娯楽が社会においてどう取り扱われているかを語ってあるのは興味深く読めました. 結果から言うとハッキリしないものに落ち着きます.
原理は掘り下げていくと(大概)全ての事象に当てはめられて性質を理解する(様な錯覚を得る)事は出来るのですが, "数字"が絶対的な現代に置いては, 数字に変換できない性質の価値が蔑ろにされている気がします. だから工学の人達は原理をどこまでも掘り下げて突き詰めて, その中の性質を表層的な形に変換する事で社会に評価されてるんでしょうけど. 工学を評価する社会の様に, 物事を即物的に利用できる段階でないと評価できない人はこの本を読んでもつまんないと思います. 逆に論理とか性質をコネクリ回してるだけで社会に何一つ貢献できなくても満足な人は楽しめると思います.

ザックリ言うと「物質の時代から情報の時代へ」みたいな事で, 物質的に満たされた日本は次は情報という架空のやり取りで発展するでしょうと書いてあります. まぁ, 当たってます. それは社会全体の大きな事なのでそれほどピンと来ませんが, 第三次産業ってヤツを情報(刺激)の質や量で評価するってのはなかなか面白いです. ってか既にそんな感じで捉えてます. 旅行は宿や移動に金を支払うのではなく体験に金を支払う. 酒を飲みにいくのは酒が飲みたい訳でなく, 会話で得られる刺激を求めてる訳で酒はただの口実. 喫茶店で無意味にトーストを頼んでみてとっても損な気分を体験してみたりとか, 個人個人にとって何が刺激になるのかさっぱりわからんので, そこら辺を追求してみると面白いと思います. 第三者から見たらただの変人ですけど. 自分はレクリエーションと称して興味がある分野に相互に影響し合う様に刺激を得ようと阿呆な事ばっかりやって失敗してます.

「言語はシンボルである」ってのは改めて確かにそうです. だって五感で感じてるのは言語では無いですから, だから思考も突き詰めれば言語では無いんです. なんて言うか「論より証拠」みたいな事です. 音楽とか映像(特にアニメとかっての)は様式化された記号をコネクリ回して作ってあんねんけど, そもそも最も社会的に評価の高い言語でさえ記号に過ぎないのであって, 音楽や映像が言語を超えられない筈が無いと思う. まぁ, 日常で言語が占める割合はベラボウに大きいのでそう易々とは無理でしょうけど.

2006.07.23 | | Comments(4) | Trackback(0) | 書籍 / 言葉

コメント

質問
本を読む時間をどうやって作ってるのか教えてください。
いや、まじめに。

2006-07-23 日 02:33:47 | URL | NEMESIS DIVINA #- [ 編集]

問題なのは言語が本質だと思われていること、
ロゴスが答えだと思われていること、
答えは1つだと思われていることでしょう。
みんな考え方の順番が逆になってしまってます。
「己の感覚」がメインであって「他者の観測する己」はその次なのにね。
まあ表裏一体なので、そう易々とはいきませんが、、、
皆不安だから他者の感覚(普通)をあてにするんだろうし、
その方が楽なんだろうけど。

2006-07-23 日 02:47:25 | URL | NEMESIS DIVINA #- [ 編集]

>本を読む時間をどうやって作ってるのか教えてください。
基本的には通勤等の移動と待ち時間に読んでます.
とても苦痛な時間からの逃避用としていつも鞄に本を忍ばしてます.

>皆不安だから他者の感覚(普通)をあてにするんだろうし、その方が楽なんだろうけど。
自分は逆で, それが面倒な事にちっさい頃に気付いたから, オリジナルの曖昧な思考に逃げ込みました. ってか, かけ離れた他人の感覚を咀嚼できる程いい頭持ってないです.

2006-07-23 日 05:03:47 | URL | 元 #wbvlsWA2 [ 編集]

>かけ離れた他人の感覚を咀嚼できる程いい頭持ってないです.
だれもそんな高級な機能持ってないと思うよ。
表面をなぞるだけ。咀嚼なんてしたら逆に「きもい」
そんなやり方でみんな生きてるなんて気がつかなかった。
気付くも気付かないも、そんな考え方自体したこと無かったから、
理解したときは逆に目から鱗でしたYO!
こんぴゅーたーおばあちゃん~こんぴゅーたーおばあちゃん~

>基本的には通勤等の移動と待ち時間に読んでます.
オレの場合、、、徒歩で、、、

2006-07-23 日 15:36:44 | URL | NEMESIS DIVINA #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。