スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Sylvain Chomet - 老婦人とハト

「ベルヴィル・ランデブー」が届いたので, 本編より先に特典映像ばっか見てみる.

まず, 「老婦人とハト」.
先に「ベルヴィル・ランデブー」を見たからアニメーションの技術的にどうなんやろ?とか思ったけどすぐになれて味に見えた. 逆に次の作品であそこまで「映像」の完成度が上がる点に驚いた.
内容は爽快な風刺やと思ってたけど, かなりブラック. 映像的にも後味悪いから意外やった.
個人的には「ベルヴィル・ランデブー」の方が好き.

次に, 技術紹介の特典映像.
デジタル技術にバビッタ. パラパラ漫画的なアニメーションに興味があってんけど, 自転車をこいでる人間もデジタルってのを知って, デジタルも凄くなってんなぁと感心してしまった.
原画(?)みたいな元になる絵と完成した映像を見て, 色々と処理するとここまで違うモンかとも思った. 「老婦人とハト」も「ベルヴィル・ランデブー」も元となる原画は大して違い無いと思うんやけど(想像), 立体感が全然違う.
原画や絵コンテ以外に色指定とかデジタル処理にも興味を持てそう.

最後に, 対談.
やっぱり高畑勲って人はカタイ人やね.
娯楽とは違ったアニメ映画の在り方についての話は面白かった.
あと, アニメーターがプロじゃないって.,,え? 確かに日本のアニメ映画の動きと比べると少しぎこちない所があった気はするけど, 作品の味としてマッチしてたから全然気にならんかった. へぇ, プロじゃないんですか.


続-----

本編も見てみる.
初めの印象と違ってキャラがスンゴク巧く動いてた. ストーリーが頭に入ったから動きに目を向ける余裕ができた.
でも三つ子の動きは好きになれんかった. まぁ, 服装の制限もあるんやろうけど. あとヤーさんのハゲも.,, あれはそういうキャラと思うけど.
ヤーさんが自転車の兄ちゃん殺した時の煙がドクロに見えたけど, あれはそうなのか?

この映画見て思ったけど, 論理的に理解させる事も大事やけど, 感覚で理解させる事も大事やと感じた. 孫が船でさらわれる時の「画面」が, 絶対的な無力感を表しててすげぇ.

あと.,,
本編と対談にノイズが入ってる.,, しかもアナログノイズっぽい. デジタル化する時のっぽいからどのDVDでも入ってんのかなぁ? デジタルのノイズって部分部分で連続してなかったよな? DVDのデータ規格ってどんなんやったっけ?

2005.08.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。