スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

on;(do)

http://ondomusic.com/
よく分らへんねんけどアンビエント, エレクトロニカでお洒落そうな曲が沢山試聴できる. 全体的にかなり実験的.

エレクトロニカな「ian c. epps」. 耳鳴するから気をつけて.
インプロ, プリミティブな「koutaro fukui + aram shelton」.
ダークホースでcomputer generated music.

この辺りが個人的には好きやね.

2006.03.26 | | Comments(2) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

コメント

聞いてくれてありがとう。

聞いてくれてありがとう。
http://yookando.com/
http://www.navarro.eu.com/eko/fiche_release.php?id=4
こんなのもあるからチェックして~。

2006-05-09 火 23:23:19 | URL | kf #- [ 編集]

「eko004」聴かしてもらいました. 正直言って自分はアンビエント(?)はわかりません.,, どこに意識を向けていいのか, そもそもの聴き方がまだ解ってません. けど, エレクトロニカよりの4曲目は楽しめそう(?)です.
上の記事での曲はインプロ的な構成が好きだったんですけど, エレクトロニカやノイズよりのアンビエントでも(極度に早送りで遅く感じる様な)似た効果は得られるんですね.
もともと, 自分は環境音をライフゲーム的な現象として楽しんでいるので素材は何でも良いのかもしれません.

「yookando」のHPは画像の羅列が興味深かったです.
もともと設定や小道具等の資料が好きで, たまにそれだけを眺めたりして想像力を働かしたりします. それと同様に一覧のない画像を連続で見る事で脳を刺激されました(一回法則性がわかっちゃうとつまんなくなるんですけど). ある意味コラージュ的でオモシロかったです.
曲に関してですが, アンビエントはメインとして聴くんじゃなくて, 思考の横に添える感じ(BGMでもない)で聴くとすんなり受け入れられました. 「これが正しい聴き方なんかなぁ」とか思ったり.,,

2006-05-10 水 23:59:52 | URL | 元 #wbvlsWA2 [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。