スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

レトリックばっかり磨いても話にならん

今日の教訓.
Keyword 「水掛け論」「話の摺り替え」「戦略戦術

「水掛け論」
背景と目的の関連性が明確でないから, 手段の話に移行してもどうでも良くなる. 話し手は話の落とし所を一応は指定するが, 話が落ちる瞬間を決めるのは聞き手. 話が巧妙だと最後に落ちる. ヘタだと途中の理解で間接的に落ちる. 「落ちた」「落ちてない」のやり取りは役割分担ができていない.

「話の摺り替え」
互いの基底概念の違いが焦点, 展望をズラしているため, 共通の問題意識を確立しない事には先の展開に全く意味を認識できない. で, 一先ず底を固める話をしようとしたら, 問題意識自体に必然性を感じられなくなりどうでも良くなる.

「戦略と戦術」
さらに厄介なのは, "手段=手段"で"手段=目的"でない為に, 問題意識自体を理解できた時には残りの話にてんで興味が無くなる. 手段に独自の概念が含まれていて"手段=目的"なら話は別.

「遅れ誤差」
話を途中で止められて疑問を投げ掛けられるのは, 前提と目的の道筋が曖昧なため. 「三歩進んで二歩下がる」つもりが, 他人には五里霧中の一歩. 「取り留めの無い話」(押し問答, 水掛け論ではない)はその場では結論を得ないが時間を掛けて平行処理する事で全体像を理解する. 結論を目的としない会話の特性.

もっと全体を見通して話せる様にならんとあかんなぁ.,, 「それって, わざわざするような面白い話なん?」とか「で、結局なんなん?」とか言われん様に.

2006.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。