スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

知識→感覚→プロット

知識の上積みをするか, 常に土台から積み換えて"今"に最適な解釈にするか. 情報を情報のまま出力するか, 情報を感覚に落として独自の出力をするか.

知識の上積みは大切だけどそれ単体じゃ有効活用が出来てない. 現象を積み重ねても見えてる世界は感覚と平行のまま伸びていく. 知識を感覚まで落として, ベクトルの向きを常に変えていきたい. 知識を感覚に落とすにはライフサイクル内で常に反芻しなければいけない. なので関係のない分野, 関心の無い分野を感覚に落とすのは当たり前に困難. しかし, 日常レベルの感覚まで専門的な知識を落とし込めると, 見えている世界が変わって来る. 日常を知識の感覚を通して接するので, (知識の枠に収まらない)管理されない反応が生まれる. ここまで来ると独自の解釈が発生する. しかも, 解釈レベルが日常の感覚なのでプロットも容易になる. 専門分野独特の独り善がりな用語に頼らなくて良い.

"ビビッ"と来た物を"ビビッ"と感じるだけで終わらすのでなく, 伝えられる感覚にまで落とせたら後々楽しい. でも"ビビッ"は"ビビッ"で楽しみたいとも思う.

あぁ, 二兎追うもの ってな感じ.

2005.12.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。