スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

雨が跳ねる

ここ一週間程雨が続き外に出るのが億劫な日々が続いています. 雨の日そのものは好きです. 外出する用が無ければ.

雨の日は外に人があまり居なく静まり帰って思考がクリアになる. それに雨音はホワイトノイズみたいで落ち着きますし. こんな日には後回しにしていた映画鑑賞や読書が良いもんです. 自己回帰や知識, 感覚の再構築にもモッテコイ.

それでも人間社会で生きてる以上外出の用はあるので, 渋々出掛けます. 往来には人が少なく車の走行音と雨音が良く耳に入ります. 酷い低気圧のせいか時折雨が地面を暴力的に叩き付け水たまりが毛羽立ち上気している様を目にします. これを見て雨はもちろんですが自然というものは感情を持っているのだと感じまして, 昔の人はそれを読み取り, 詩や俳句にしていたんだとこの歳になって感覚的に理解しました.

若い頃に詩や俳句を理解できないのは経験が絶対的に足りなく情景を思い浮かべられないのが理由です. 詩や俳句から感じる情緒は妄想という言葉にも置き換えられると思います. これは出発点となる詩や俳句を膨らませる知識を必要とします. 歳を取る毎に涙もろくなったり, 多くの物事に背景を読み取れるようになり深みを感じ取れるようになるのと同じと自分は考えています.

最近, 物事の捉え方が幼い頃と変わっている事を顕著に感じます. 昔に触れた作品を改めて鑑賞してみると違った視点で接している自分がいます. 並行して昔を客観的に思い返してみるとそれは自分の経験だけで構築された光景でそれほど歳を取ってなくても味わい深いものでした.

2005.11.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | うさばらし

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。