スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

向田邦子 - 男どき女どき

"思い出トランプ"に続き"男どき女どき"を読んでみた.

短編小説は毎度お馴染みの浮気者の登場でエガッタです. どうやら人を疑ってかかる話が好きなようだ. 変な所にこだわる"ビリンケン", 日常の中にも触れてはいけない物が存在する"嘘つき卵"が良かった.
"嘘つき卵"では子供のできない夫婦と無精卵をかけて, 日常の他愛ない会話でさえ危険を孕んでいて現実がいかに脆いかをリアルに表現してて怖かった(スプラッタでなくホラー的な怖さ).

エッセイも面白い. グタグタしてるわけでなく閉鎖的なわけでなく, ちゃんと情報を発信してる形式で書かれていて楽しく読めた.
"無口な手紙"のネタってアレだけで一本の話が書けちゃうような品です. 他の作品で(詳しく?)書いてるらしいので是非読んでみたい.

2005.10.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 書籍 / 言葉

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。