スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

なまものおじさん

こんな感じ.


(注 フイチンさんじゃないです)

スポンサーサイト

2009.03.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

橋本昌和 - レイトン教授と永遠の歌姫

2010年に映画化されるんですね.
忘れそうなんで, 備忘録.

ゲームやった事ないけど, オフィシャルで1作目のオープニングムービーを見たときに「舞台はイギリスでも人物の動かし方は日本アニメなのね」と感じた記憶がある.


(↑映画CMちゃうよ)

映画CMの応接室でルーク少年がシドロモドロしてるのが宮沢康紀氏っぽいせわしない作画です(まぁ, 原画は違う人だと思いますが.,,). 映画公開前にゲームチェックしとこうかなぁ. ゲームやる気せんからムービーだけ見たい.,, ゲームは世界観やシステムが理解できたらそれだけで満足しちゃいます.,,

同じようにゲーム原作のアニメだとポポロクロイスもいい. ピエトロがナルシアを爪先立ちで支えるシーンしか記憶にないけど.,, 西尾鉄也氏の仕事だったかな?

2009.03.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

Brothers Quay - Piano Tuner of Earthquakes

ピアノチューナー・オブ・アースクエイク [DVD]ピアノチューナー・オブ・アースクエイク [DVD]
(2009/03/27)
アミラ・カサールゴットフリート・ジョン

商品詳細を見る

ブラザーズ・クエイ ショート・フィルム・コレクション [DVD]ブラザーズ・クエイ ショート・フィルム・コレクション [DVD]
(2009/03/27)
不明

商品詳細を見る

クエイ兄弟の新作「Piano Tuner of Earthquakes」の日本版が発売されるみたい(新作ってもかなり前). 昨年末に関西でクエイ回顧展『ブラザーズ・クエイの幻想博物館』とあわせて上映してたけど, 観に行けなかったからどうしよっかなぁって考えてたので吉報です. ショート・フィルム・コレクションはUK版買ったけど, 日本版が出るんですね. 「ミツバチのささやき」みたいな阿呆な事しそう.
となると, 日本語訳で見られへんのは「ベンヤメンタ学院」だけかぁ. まぁ, 訳あった所で意味不明やろうけど(笑). 特に問題ないか(笑).

2009.03.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

入江亜季 - 群青学舎

入江亜季氏の 「群青学舎」最終巻がいつまにか出てた. 最近の傾向として, スタイリッシュというか無味無臭というか, 泥臭さがないのをよしとする傾向の中で久々に臭い感じの漫画でした. 70, 80年代に読んでた漫画の匂いがする. 最近は漫画から匂い感じねぇなぁ.,, 歳取ってんなぁ.,,

どっかで読んだようなコッテコテの話なんだけど「異界の窓」「白い火」「時鐘」「薄明」辺りが良いです. 幼いときに純文学を読んだような感覚.


【“入江亜季 - 群青学舎”の続きを読む】

2009.03.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 写真 / 絵

青い花

志村貴子氏の「青い花」がアニメ化されるそうです. 作品群の中では一番メリハリあるかなぁ.,, 短編をポツポツOVAってイメージがあった. 「アケミのテーマ」,「少年の娘」, 「どうにかなる日々」の Secne12, 「午後の恐竜」の「生活維持省」辺りがおもしろそう. ってか最近はOVAって時代じゃないのかな?

制作は J.C.STAFFらしい. 頭ん中に「危険!乙女の初恋 」のうどん屋みたいな丁寧な映像が浮かんだけど, 違う感じになるんやろなぁ. 少女漫画=J.C.STAFFってイメージがあるから, そこは違和感ない. 「彼氏彼女の事情」「ハチミツとクローバー」しかぱっと思いつかんけど.,, ん? 「魔術士オーフェン」「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」「ねこぢる草」もそうかぁ. 「ねこぢる草」がJ.C.STAFFっかぁ.,, 意味不明.,,


2009.03.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

宮地昌幸 - 亡念のザムド

忘れそうなのでメモ.

「襲撃 ザンバニ号」は日本アニメらしい, 気持ちいいパタパタ感. 演出や台詞のシリアスさに比べて作画が爽快すぎるのは違和感がある.,, もっとクドい, 重たい作画でも良かったんちゃうかなぁ.,, と, 一個上の贅沢な不満. 作画監督の板津匡覧氏, 押山清高氏をはじめ有名所勢揃いな回.

「大きな石と少女(最終話)」の紅皮伊舟とヤンゴのやりとりのボワットした奥行きの作画がおもしろい. 丁寧さ, 正確さで考えると仕事が雑だけど, 個人的には好きです. 動きの良い所を残したままラフ原を修正したら, こんな感じになんのかなぁ.

2009.03.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。