スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Ermanno Olmi - 木靴の樹

3年前ぐらいに観たんかなぁ? 記憶が薄れてきたのでいい加減記録せんと.,, って事で記録.

木靴の樹 [DVD]木靴の樹 [DVD]
(2008/09/26)
ルイジ・オルナーギ;フランチェスカ・モリッジ

商品詳細を見る

歴史馬鹿なんで社会的メッセージはようわからんですが, 宗教(とか道徳)との折り合いの付け方について考えさせられた映画.

科学が宗教に成り代わり台頭始める時代においても, 社会的に恵まれない人たちには宗教は必要不可欠な存在であった. 貧しい農家の人々は現実を直視しない為に(風習として)神を信仰しつつ(教育として)科学の恩恵より生産性を上げて貧しい生活から脱しようとする. 農家視点からするとやりきれない結末が待ってるんだけど, 解釈によっては"知恵の実"みたいな結末.

けどね, その宗教観が農民の生活より上の所を根底に築かれている感がある. まぁ, 宗教ってのは下層の民の意識を統一する為に捏造された思想やから当たり前やねんけど. 神のは誰にでも平等に降り注ぐって云うから, そんなもんか. 持論で云うと, 個人個人の意識があって, ""は相互の認識で, 意識の連鎖でなりたってる世界が"神". 認識()に慈悲なんてモノはないから全てに人に平等に振り注ぐ感じ. で, その酷く他人事な視点で観察すると人の心のなんと美しいことか.

目に映る出来事を, 触れる事ができる全てに心動かされる事が, 本能的に笑い泣く事がいかに素晴らしいか. 文化で生活が如何に洗練されようが生態系に根付いた本能には適わんなと思いました.

こう云う風に人間讃歌できるのは文化が洗練されて生に執着する必要がなくなったからであって, 本能的に生きろって言われてもマッピラゴメンです.,, 侭ならないもんですね.,,

スポンサーサイト

2008.12.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

ONE PIECE「ノロノロの脅威 銀狐のフォクシー再び」

驚きました. 「あぁ, 今日は劇場版なのね」と普通に勘違いしました(笑).

石鹸(?)で滑走する所から海狸の変化にサンジが一喜一憂する所までが素晴らしい. というか, TVなのに枚数使い過ぎ.

「決着迫る!叩き込め、とどめの一撃」でオーズをリンチする辺りとデフォルメの具合やタメ加減が似てるから手武生氏, 大西亮氏どちらかの仕事かな?

2008.12.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

粘菌コンピュータ

自分は基本的にTVを見ない生活を送っており, 世情はラヂオ, ニュースサイト(RSS), Podcast等で確認しています. その中でも最近はPodcastの番組探しに時間を割いてまして, 時間潰しでなく純粋に楽しめる番組があることを知りました. 「ヴォイニッチの科学書」というサイエンス番組が一番お気に入りです. 部屋に居る時はBluetoothヘッドセットでずっと聴いてたりする.

その番組の中で粘菌コンピュータ特集の回があり, 研究室時代にかじったニューラルネット絡みについて考える所があった. ニューラルネットの解の多様性を有機的な性質で実現しようとしてる. が, 解への収束性質が違うから新しいのかな? ニューラルネットは教師信号を用いて実用解を捻り出すけど, 粘菌コンピュータは実用解をどう捻り出すのか? 学習とは違う概念が適用されてる気がする.

まぁ, 粘菌コンピュータの具体的な展望はさっぱりわからんのですが, 曖昧判断を有機的な性質を用いて実現したら家畜や子作りと大して違いないんじゃないの? 将来的にはメーカーがブリーダーとか呼ばれそう. まぁ, 有機だ無機だ生物だ機械だ倫理がどうのこうのってのは人間の傲慢な主観だから別にどうでもいい. 電子の性質もどこかの生物観に当てはまるかもしれないし.,,

量子コンピュータの時も電子とは異なった考え方が適用できたし, 価値観を崩されるのは楽しい.

2008.12.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

田中宏紀 - 絶対可憐チルドレン「強敵来襲!ブラック・ファントム」

絶対可憐チルドレン「強敵来襲!ブラックファントム」の通路で仲間内でゴタゴタしてる辺りが田中宏紀氏の仕事らしい.,, とかでクネクネした作画してる人. 変?なんだけど自分のツボにいい感じにはまりました. (個人的に)「赤い光弾ジリオン」の16話「生か死か!? 宿命の対決(後編)」と似たような感覚なのかなぁ?

カメラに向かってアウトする時の腕の表現が気持ちいい. 翼龍の尻尾とかナウシカのムカデとかで同じ表現は見た事在るけど人では初めてかな? 人の腕はそんなに長くない.,, けど, 映像的に気持ちよければそれでいい. 腰の入ってない底掌も, どうやって踵から手首まで力を伝達してるのか.,, けど, 映像的に気持ちよければそれでいい. 妙な手首の返しとかポージングが観てておもしろい.

ONE PIECE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜」のギア2ndも田中氏の仕事らしい. 散れ散れの人体や粘っこい流体やら.,, よくわからん所がおもろい.

20世紀末は開き直って歪な表現が生まれたけど, 最近は戦後の経済成長期のように未来の見えない発展が生まれて面白い. 歴史が社会が役割を与えてるのかもね. 最近アニメ離れしてたんで, 久しぶりに調べてみると絵が動くのが新鮮でたのしい.

2008.12.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。