スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

発泡スチロール

20061031_1.jpg 20061031_3.jpg

ブツブツ. 気持ち悪いが気持ちいい.

スポンサーサイト

2006.10.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | うさばらし

高野文子 - おりがみでツルを折ろう

ニッポンのマンガ―AERA COMIC高野文子氏の新作が出てることは知ってたけど, それだけのために内容薄そうな本買うのはどうかなぁっと思ってた時に, 紀伊国屋に無造作に置いてあったので立ち読んだ. 読み切り集めるのは田中達之氏の時に懲りました.

内容は折り紙. ツルを折ってました. それだけ.
今までの作品にあった, 会話中に仕種で物事を説明しようとする様なのが延々と続きます. お化けとか技術的にオモシロい所あったけど, これだけ読まされてどうこうってのは.,, 微妙. 一冊の本で出されると流れとかテンポで楽しめるんやけど, こんなけ短いと流れに乗る前に尻切れになっちゃった. リアルタイムで作品を読んだのは初めてなので, あんまりわかんない.
でも, 読み返したいなぁとか思ってる. なんなんでしょ.

ついでに, 誰かさんの好きな浦沢直樹氏や諸星大二郎氏の作品も載ってました.

2006.10.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 写真 / 絵

思考しない試行

連続睡眠時間が12時間を越えた辺りから, 夢の形式がおかしくなる. たしか, 夢って記憶を整理して必要のない部分を削除してる機能が在るとかなんとか. それが終わると必要としてる記憶を捏造したりするんですかねぇ.

最初は主観で映像が進むのですが, 途中からお話を作る様になってきます. 映像と内容が堂々巡りでリテイクを繰り返します. 話だけでなく空間的なオブジェやアングルだけでもリテイクします. 半分創作してます. やってることは寝転がって妄想してるのと大差ない. 目に写る物を全て映像として処理するように.,, 頭が変になってます.

今日は, 安土桃山時代辺りの農村一揆の騒動の最中に, 宗教から解放されて魂が輪廻しないことに気付いたり, 白けた昼間に「今日は暖簾の向こうにあの人は居ないのですね」と心変わりに皮肉を言ってみたり, 故人の自責の念の解明のために大正時代の洋館でオカルト三昧したり.,, そんな支離滅裂な映像を乱造してました. 魂と皮肉の時は何故か感銘を受けました. 自分の頭の中でコネクリ回された映像やのに.,, 結構楽しかったけど(笑).

昔は空気やBGMまであったのになぁ. 客観的な映像の時はブラウン管の枠に収まってきてますねぇ.,, 映画監督みたいに現場の空気を味わったら質も変わってくんのかなぁ. 心理学的な夢分析の知識があったら楽しそうです. マユツバとは思ってるけど. 膨らませるネタとしては十分でしょう.

2006.10.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

ピーターラビットとなかまたち

ピーターラビットとなかまたち 2ひきのわるいねずみとまちねずみジョニーのおはなし&キツネどんのおはなしあのピーターラビットのキャラクターのアニメーションです. NHK教育でやってました. アニメーションとは知らなかったのですが, 気になったので録っておきました. 「ピーターラビットとベンジャミンバニーのおはなし」, 「こねこのトムとあひるのジマイマのおはなし」「2ひきのわるいねずみとまちねずみジョニーのおはなし」が放送されました.

パッと見て驚いたのは, あの絵本風の絵柄で絵が動いてたことです. ある程度簡略化されていますが, 彩色が再現されていました. キャラクターと背景が同じ文法で描かれています. 商業アニメーションでこれができるんですね.,, 制作体勢はどのような形式をとっているのでしょうか? 興味がわきます.

彩色がアナログなので画面に多くのノイズ情報が含まれています. コマ数だけでない重量感を感じます. 別の方向性で「スチームボーチ」は3Dのテクスチャが細かいなぁと驚きましたが, あれは手間がかかり過ぎそうです.

2006.10.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

marants PM-15S1

オーディオマニアの友人をアドバイザーにプリメインアンプを探しに出掛けました. 前のスピーカー探しの続きです.
ある一点の結果だけ言うと.,, 阿呆ですね. 余分にお金を持ってったらアカン. そんな教訓を得ました.

QUAD 11L で, 前の時に聴かせてもらった DENONPMA-1500AE を基準に色々聴かせてもらいました. 最初は同価格帯ので何とか抑えようと思ってたんですけど.,, 10万を超えるといきなり音の質が変わります.,, このレベルの音を聴いた時点で既に予算的には失敗です.,, ともかく, 10万越えを色々聴かせてもらいました. DENON の PMA-2000AE, marants の PM-15S1, 真空管アンプのアミアミなヤツ(名前忘れた.,,), SHARP の SM-SX10-S. 音源はまた FLUX です. 型番とか間違ってるかも知らんけど, 価格帯でしか憶えてないんで, そこは勘弁してください.

最初にビビったのは良いアンプにかえると, 鳴ってる音が増えること. 「え? 音増えた?」って(笑). 今までのアンプではその音を再現できてなかったんでしょうね.,, あぁ, 恐るべし FLUX.



PMA-2000AE は聴き所を丁寧に提示してくれるアンプです. 実際はノイズを含む音を聴き易い音に変換してくれている感じを受けました. 自分の好きな音源をそれまでの好きなイメージのまま聴かせてくれると思います. 悪く言えば記号的とも言えます. 聴き所がわかり易いのでリラックスできます.



PM-15S1 は PMA-2000AE に比べると元の音をそのまま出します. ついでに PMA-2000AE より聴こえる音が数個増えました(笑). ノイズもそのまま出してるってことです. こちらの方が PMA-2000AE より自然な音です.

真空管のアミアミなヤツは粘っこい音をしてました. いままでのとは全然音質が違いました. これはこれで有りとは思うのですが, 持っている音源や好みによります. それより問題なのは, 真空管なので起動してから温まるまで, 10数分かかることです. 気軽に音楽を楽しみたい人には不向きです.



そんで SM-SX10-S. また聴こえる音が数個増えました(笑). ここまで来ると現段階では特徴というか不満がないです. それはつまり全音域をカバーしてるってことです. でもね.,, 見た目が全然好みじゃない!

結論だけ先に言うと PM-15S1 を買いました. SM-SX10-S はちょっと予算的に厳しいし, 何よりダサイ. 真空管のアミアミは粘っこい音が初めてだったのでちょっと躊躇. PMA-2000AE は好きなんだけど, これで音楽を聴いてたら一つのジャンルに閉じこもってしまいそうなので止めました. 今現在気になっている室内楽のことと, この先色々と聴くであろうクラシックのことを考えると選択肢が PM-15S1 しかありませんでした. 見た目はあんまし好きじゃないんだけど, 音がなることが最低限なこと, 音を考える基準として叩き台にすることを考えるとやっぱり PM-15S1 です.

そんで, ついでにプレイヤーを適当に選びました. ホンマに適当なんで書きません.

オーディオマニアの友人は当初, "自分が納得するレベルの環境"を整えるのには最低30万ぐらい必要と考えていたそうですが, まぁ, そんな感じになりました. すんませんでした. また, 「メーカーによって音の傾向がある」との話を聴きながら, 「うわぁ, 病んでるなぁ」と思ってました. すんませんでした. 音の傾向あります. さらに, 他人が買おう買おうとしてる物を先回りして買ってしまってすいません. 今回は色々と勉強になりました. ありがとうございました.

予想ですが, 自分の現段階の耳と経験では, 20万を越えると音の違いはわかっても良し悪しは判断できないと思います. 単純に好みの問題と感じました.
それと, お金で解決してるのもどうかと思いました. 確かにお金をかければ"音質"は良くなります. しかし, 音質はあくまで音の質であって曲の質ではないことを忘れない様に心がけたいと思います. 音楽とは別に, アニメーションで, 作画作画で, 映像としてのトータルの質を少し疎かにしてる自分がいるのと被ります. 結局は観たり聴いたりして何を感じたりイメージしたりするのかが重要であって, 音質や作画は一つの要素でしかありません. でも, 一度一つのことに固執して考えてみるのも必要かとも思います. 深く深く考えて一周回ってくると好みでない物でも認められる視野を得られますから.

実際に自分の部屋で聴いた感想は別途記事にすると思います.

2006.10.21 | | Comments(3) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

岡本有樹郎 - THE 八犬伝~新章~

THE 八犬伝~新章~色々と噂の大平, 湯浅氏の「浜路再臨」と, うつのみや氏の「妖猫譚」を目的に観ました. かなり前に観たんですけど, 色々と濃過ぎて全然消化できんから, 逸そのことで記録. 一枚に色の違う作品がこんなけ収録されていると純粋に見返したりする体力がありません.,, 個々はオモシロいことやってたりするんやけど.,, 胃もたれ.

自分が楽しめたのは「妖猫譚」, 「浜路再臨」, 「欣求浄土」辺りです. パラパラッと観ただけなので印象だけです. 「欣求浄土」は丁寧で正当派. 「浜路再臨」は今となっても実験映像. 「妖猫譚」はお芝居. その中で「妖猫譚」だけ数回見返しています.

「妖猫譚」を観ると沖浦氏がうつのみや氏の影響下にあるのがよくわかりました. また, 方向性の違いにも気付きました.
「妖猫譚」は時代的に風習に感情が縛られており, 「人狼」は役職的に感情が縛られています. この二つの作品は演技における舞台設定が似通っています. どちらも感情を表に出せない人達ばかりのお話です. 自分の感覚では「妖猫譚」は人間固有のノイズでストーリーを語っていて, 「人狼」は芝居様式でストーリーを語っています.
沖浦, うつのみや両氏はリアル系作画の人だと思うのですが, 沖浦氏は生物的な人間のノイズ, うつのみや氏は個人特有の個性としての人間のノイズを表現してると思っています. そのため, 「人狼」はあそこまで緻密に作られているのに演技という記号で物語が構成されている様に感じました(時代に対する理解が足りないことはわかっています). 逆に「妖猫譚」の"堅苦しいお家のことは興味ないから玉を転がして聞き流してるんだけど, 色恋の結論を聞いた瞬間, 口を挟まずにはいられない"みたいな描写が人間くさくて気持ちいい. 「妖猫譚」の方が表に出していない, 出せない感情を巧く表現できている気がします. ってか自分がそう感じただけ.
仕種等から見える内面が言葉とチグハグなのがもどかしい. そしてもどかしい話であるのに演出が明確なまでに明確であるため, よりいっそうもどかしい. そのため作品自体がもどかしい. 作品そのものが人間くささをもっている. という流れでお気に入り. ついでに. 「やいやいやいやい」から家に侵入するまでの作画が生臭くて好き.

噂の「浜路再臨」ですが, 最近の大平, 湯浅両氏の仕事を知っているのである程度の心構えは出来ていたつもりでしたが, それでもぶっ飛んだ実験映像でした. 演出的なことはさっぱりわかりませんが, 絵的にはぶっ飛んでました. それはともかく, こちらも「妖猫譚」と同様, 人の内面を語った話なんですが, 最近の映画やドラマの傾向からすると, この作品のような感情を吐き出すストーリーの方が受けが良いんでしょうね. 自分は垣間見える感情の方が好きなので, 作画, 演出的なところに目がいってしまいました. そんで, 未だに何も消化できていない.

「欣求浄土」は単純にアクションの作画が丁寧だなぁっと. あと敵方のさっぱりした顔の人物とかの一時期はやった骨格の捉え方はうつのみや調なんですかねぇ? 日本のドローイングアニメーションで人物を立体的に捉えたパイオニアらしいのですが, 時代にそって映像を調べた訳でもないのであまりピンときません.

この頃はアニメーションを資料的な見地からばっかり観てるので, 不純で間違ってる気がしてます. 技術的なことだけでも書こうと思えばカット単位でアーダコーダ書けそうなんですが, 重箱の隅を突く様な不毛な行為になりそうなので止めときます. でも, そうでもせんと「妖猫譚」みたいにドンピシャに巡り会えんからなぁ.,, あぁ非効率. あと, 自分は作画でなくて演技や芝居に関心があるのがわかってきた.

2006.10.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港. まだ設備が動く前の画像なのでビニール被ってます.

単純に構成が生物的幾何学でオモシロいなぁって. ガランドウな時に見ると幾何学的で, 人がごった返している時には生物的に見える? 複数の文化が胃で消化されて腸のスロープを通って一つの文化に向かって飛んでく. まぁ, そんなイメージ.

この画像だけやとお洒落な外観に見えますが, 空港ってのは人が居てナンボの建築物なので人がごった返してることを前提とした外観も考慮されてるんだと思います.
いやぁ, 空間のデザインって難しそう.,, カオスを許容できるデザインは特に.

2006.10.18 | | Comments(4) | Trackback(0) | 物体 / 装置

リスニング環境

スピーカー買ったし, 直ぐにでもプリメインアンプとかも揃えるし, そうなると, リスニング用のソファが欲しいとか考えてしまう. ほんで色々調べたりしてるんやけど, そもそも選別の基準が明確に設定されていないことに気付く.

ソファってのはそれだけで完結してる訳ではない, 部屋で考えても駄目, 家で考えても駄目, 自分の居る空間, つまりは自分に流れる時間ってのを考えて買わなアカンねんけど. ライフスタイルや人生設計できてないしなぁ.

以前にも書いたけど, 自分は環境に人格の様なものを意識している. 一方的に使用するのでなく, 逆に作用する様に. ソファの場合だと, 座ってる時以外にも作用が欲しい. ボールを持っていないときのマラドーナや資産運用みたいな考え方.

リラックスできるけど, 安易に座らせてくれない. 必要のない時には無駄に主張しない. 仕事みたいに付き合えるソファ. うーん.,, 難しい. 結局シンプルで微妙にリラックスできないの買ったりするんやろなぁ.,,



こんな感じかなぁ. まぁ, 店行って実際に座ってみんことには何とも言えん. 結局, 足と時間を使って体験しろってことですか.,,

最終的には, 用途毎の部屋を設けたりするんやろうけど.,, 金こしらえよ.

2006.10.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

ENCRE - FLUX

Flux生楽器や環境音でエレクトロニカしてるフォークトロニカ. 基本的に退廃的な音の綺麗さが表現された音源です. 何事も人間の色眼鏡を外してみると冷たく綺麗な感じ.
自分は, 深夜のリビングの時計の音, 一人で留守番してる時のすきま風の悲鳴, 山で一人で遊んでて日が暮れて帰る道中を思いだします. 環境音は実際に目に見えるモノ以外の存在も表現します. 自然や環境は人間の枠の中でコントロールできる程ちっちゃいもんじゃないって感じ.

ボーカルモノが好きな人にはオススメじゃないけど, エレクトロニカや環境音楽が好きな人は是非.

こっからが本当に書きたかったこと.
この前のスピーカー選びでこれを持ってって色々と聴かせてもらいました. これは生楽器(弦楽器, 管楽器, 打楽器)から電子音, 環境音(樹のざわめき, 水のこぼれる音, 木材が落ちる音)まで入っているのでスピーカーの表現力を確認するのに適しています. それ以上に音の配置が異常な程特殊で, 2chスピーカーだと内角+奥行きで配置された音が同時に鳴ります. しっかりした再生環境だと音の位置を確認するだけで疲れます. 店の人に怒られるかなぁって少し不安でした(笑).

2006.10.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

QUAD 11L

「ヘッドホンの耳当てがクルクル回るなぁ, オモロいなぁっ」て思ってたら, ケーブルが断線してました.,, 左からしか音が鳴りません. ってのは今となっては笑い事. そんなことはどうでも良くなった.

ヘッドホンで音楽を聴きまくってた所為か, 最近, 自分の耳の音位の特定があやしくなってたので, 「これを機にちゃんとした環境揃えよっかなぁ」ってことで, オーディオマニアの友人をアドバイザーに色々と試聴に行ってきました. 当初は「5万ぐらいあったら, まぁなんとか満足できるレベルの環境整えられるやろ」と思ってました.,, 間違ってました.,, すいません.

はじめに5万で聴ける良いスピーカーの限界と紹介された S-A4SPT-PM ってので聴いたんですが.,, 聴いた瞬間に「え? チリチリ? 曇ってる? えっ? マジ? これ買うの?」って状態(今思うと, 店のスペースの関係でセッティンが微妙だったんだと思います). 多分, 自分が微妙な表情してたんでしょう(笑), 友人は他のスピーカーも色々と聴かせてくれました. ほんで「こっちがええやん? やっぱりこれぐらいは音がクリアでないと」「うん? これはええ. 自分の部屋の鳴りと予算を考慮したらこの辺りが限界」「え? こっちってさっきのヤツより高いの? さっきの方が音がクリアやん」ってことで QUAD 11L に決定しました.




右のヤツ. ワインレッド好きやねん. ローズウッドらしいけど. まぁ, そんな細かいことはどうでもいい. ほんまにワインなんはピュアモルトの S-A4SPT-PM なんやけど(笑). 確か, ピュアモルトはワインを寝かしてる樽の木材を使用してます. 格好良過ぎて阿呆ですね(笑).

その後, 自分の買物とは別で, 友人が使ってる S-A77TB の音が悪いってことで, 色々なアンプで試して聴かせてもらいました. 途中までは音が曇ってるのと自分の音の好みの関係で, 「これってマジで駄目じゃない? これやったら QUAD 11L の方がええ音してるやん」と余裕と優越感だったんですけど.,, マランツの PM-15S1 に変えた瞬間, 「え? なに? スピーカー変えた?」って状態(笑). ソレはソレでスピーカーをちゃんと鳴らせるアンプを発見できたので良いんですけど. 自分的には危機的状態(笑). 「ちゃんとアンプとCDプレイヤー揃えんとあの音が出んってことね? ってか QUAD 11L やめてこっちの S-A77TB 買った方がええんちゃう? でもこれデカイしなぁ.,, 自分の部屋の狭さと鳴りを考えたらやっぱり QUAD 11L か. でもアンプとCDプレイヤー揃えんといかんし.,, アレ? あとなんぼ金かかる?」ってことになって, ええ買いもんした筈やのに憂いを背負い込んでしまいました.,, ハハハ, 笑えねぇ.,,

20061009.jpgほんで, 本日 QUAD 11L が届きました. 箱を開けたらちゃんとクッションで梱包されてました. ほんで何か変な袋に入ってました(笑). 遺骨?. ってことよりビビったのは説明書と一緒に手袋が入ってました(笑). 今からスピーカーを鑑定するんですか? オーディオマニアの世界は意味不明です(笑).

気持ちとしては今直ぐに QUAD 11L の性能を試してみたいところなんですけど, なんか中途半端に環境セッティンしたら, あとあと買い足すの面倒くさくなりそうなので, このままアンプとCDプレイヤー買うまで寝かしときます. エイジングとか考えると, 下手な環境で音鳴らすとエラいことになりそうなのも怖い. えぇっと, プリメインアンプとCDプレイヤーとケーブル買って, その後にエイジングかまして, 音位と音質がクリアな音源でセッティング調整して, インシュレイターかまして, 壁に吸音材かまして.,, いやっ, 流石に吸音材まではせえへんけど(笑). やること一杯あるなぁ.

2006.10.09 | | Comments(7) | Trackback(1) | 音楽 / 音響

パケット解析

面倒くさいのでザックリメモ.

ターミナルで

tcpdump -X


パケットのログを16進とバイト文字で表記してくれます. 簡単なところでHTTPプロトコルだとバイト文字でURLが読み取れたりします.

2006.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | PC / Apple

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。