スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

MojoPac

PCの環境設定を持ち歩いて, 端末を接続すればどのPCでの個人の環境が(アプリケーション的な部分に関しては)即座に構築される. 移動が多い仕事をしてる訳でもないので特に必要性はないのですが, バックアップとしても使えそうなのでメモ.

以前, 記事で書いた SoulPad と似た様な機能です. それで, 今回でも思ったんですけど, 異種OS間でも使用可能ですか? ってかそれが一番重要.

スポンサーサイト

2006.09.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | PC / Apple

チェコアニメ映画祭 2006

チェコアニメ映画祭2006」を観てきました. CプロとDプロだけですけど.,, 単純に体力がもたん.,, 音も割れてて耳が痛かったし. 印象に残った作品についていくつか記します.


「ふしぎな庭シリーズ」
監督・脚本:ブジェチスラフ・ポヤル 美術:ミロスラフ・シュチェバーネク 原作:イジー・トルンカ 音楽:イジー・コラファ

一番ストレートにオモシロかったです. 子供四人組の当然の様な残虐な発想と, 妙竹林な正義感. そんで頓珍漢なやりとり. 話の転ばせ方がオモシロい. 何か知らんけど, コレを観てたら赤塚不二夫氏は偉大やなーとか思った. 久しぶりに「もーれつア太郎(新)」とか観たくなった. 「行くぞどこまで 度胸はモーレツ」.

技術的にも観察してたら少し発見がありました. 基本人形アニメなんですが, 横からのショットの時に平面な処理が施されてました. 遠近法が発見される前の絵画の様な構図の時は, 背景の上に切り絵アニメーションのようにキャラクターを上乗せしてました. 立体用と平面用でキャラクターの素材があります. 多分これは, なるべく背景込みでミドル, ロングの構図を作るための手法なんだと思います. 育児の書籍かなんかで知ったんですが, 幼児はテレビ画面の場面の切り替わりに脳が追いつかないって説があって, ソレへの対応なんだと思います. 常に連続した状況である事を説明しながらコンテが作られている感じです.
あと, キャラクター商売でないのかアニメーション独自の表現が良い意味で酷かったです. 人間のキャラクターを人間として動かしてません(笑). 突拍子の無い残虐な描写等もありますがアニメーションの特性として残虐に見えません. この辺りは表現として興味を惹かれました.
この作品は商業アニメなのか表現の技術がこなれてる感じを受けました. 試行錯誤した感じでなく, 既にノウハウが沢山あって, そこから引き出してる感じです. 人形アニメとドローイングアニメーションの表現のかけあいなど, 予算もある感じがしました. 商業アニメーションにしてはぶっ飛んでて, 個性的で, シリーズを通して観たいとまで思いました. 本当に観たい.


「タフなビリーとジャイアント・モスキート」
監督:ヴァーツラフ・ベドジフ 美術:ミロスラフ・シュチュバーネク 音楽:イジー・コラファ

伝説上の人物の実像をおった話. 巨大な蚊から家畜の牛を守った人の話なんですが, イチイチ描写がぶっ飛んでます(笑). 「マサルさん」級. いやっ, 超えてる? 絵は造形とか立体的な整合性とかとは離れた所にある. けど, 表現がぶっ飛んでて全部が必要以上に露骨に誇張されて表されてるから, その絵が必要になる.
最後のカットなんかビビりました. 博物館の前の階段を立体的に奥行きをもって描いているのに, 階段を降りる人物は平面的に横に移動してました. 「え?それでいいの?」とか思いながら観てました(笑). そんな感じでずっと笑いを堪えてました.
一度観て損はないと思います. でも, 生理的に受け付けない方もいるとは思います.


チェコアニメとは別ですが, 予告で「タムくんアニメ」をやってました. 日本アニメが好きなタイの人の作品だそうです. 日本のサブカル漫画的(?)でした. 今の所, 特に観たいとは思ってないですがメモ.

2006.09.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

絆創膏の方言

断然「バンドエイド」!

ついでにマクド.

2006.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

触覚時計

20060923.jpg

フレームがあって, ソコに形が浮き出る時計. 点字みたいな形が浮き出て指でなぞって時間を読む.
電荷等で負荷をかけたら化学反応等で形状が変わる物質を利用したらできそう? 構造的に薄っぺらくできるかは疑問やけど.

単純に, 朝は目開ける気にならんし, 目覚ましは耳障りやから, やんわりした時計無いかなぁって考えて, 五感の消去法でコレ↑に行き着いた. 最近は視覚と聴覚の衰えが酷いから触覚からなんか情報読み取れんかなぁ思ててコンナン.
脈を測る感じで時間が読み取れるから, ちょっとした動作で良いから.,, 駄目?
腕時計にこだわる必要ないし, ストラップみたいにしても良い. むしろソッチが欲しい.

もう既に, こんなんありそうな気がしないでもない.
ってか, 今気付いた. 手袋してたらオワリやん.,,


【“触覚時計”の続きを読む】

2006.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 絵空事

ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート

ジブリがいっぱいSPECIALショートショート田辺修氏の作品が沢山観れたので満足. いままで凄い人らしいってことは耳に(目に?)してたけど, あんまりピンとこなかった. ゴールデンボーイの3話は印象的やけど, ユンカースはピンとこない. ほんで, 今回は「旨茶」, 「読売新聞」, 「どれどれの唄」がオモシロかったです.
「旨茶」と「読売新聞」は山田くんの延長みたいな技術とアプローチ.
「どれどれの唄」は単純に絵が動くってことがオモシロい. 立体的にどうとかでなくて, ラクガキみたいな印象だけを抽出した絵を印象を残したまま動かすみたいな. 足なんか二本が円形に回ってる様な錯覚があるけど, ブラブラ延びて歩く感じが気持ちいい.

近藤喜文氏の「金曜ロードショー」はやっぱり良い. もう, なんか刷り込まれてます(笑). 色々調べてみたいんですけど「近藤喜文の仕事」はもう刷られないんですね.,, ジブリが公言してます.,, アニメーションの技術的な書籍ってあんまり需要無いんでしょうね.,,

稲村武志氏は「りそな銀行」が良かったです. なんか家族な感じです. 人間ってノイズの集合的な生物やから画面だけじゃ把握できない部分が垣間見えた方が良いんでしょうね. 個人的にはこういったノイズの入った演技は好きです.

橋本晋治氏の映像もありました. CMなので短いですが, やっぱり線がモニュモニュしてました(笑). キャラクターを全面に押し出した映像だったので, いつものちょっと過剰な個性は控えめです. いや, むしろ逆で全体が個性で統一されているから自然に見えるのかも知れない.

ほんでやっぱり, 百瀬ヨシユキ氏の「SF三部作」. ストーリーはあるけど, 別にソレはどうでもいい感じで気持ちいい. 本から商品を取り出す手とか, 飛行船のCMとか, スカートの襞の巻き付きとか, 服選びとか, 宇宙服暴走時の中の人とか, 坂を下る時の歩幅とか, ブーケとか, 部分的にも楽しめる. 久しぶりに見たけど, 色々芝居が細かい. 特に「空飛ぶ都市計画」.

2006.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

粟津順 - 惑星大怪獣ネガドン

惑星大怪獣ネガドン危ない.,, 観たことを忘れかけてた.,, 完全に忘れきらん内にメモ.

プロの人なのでノウハウは一杯あるんでしょうが「個人制作のCG作品でここまで出来るんですか!」って感動しました. 手放しで絶賛って訳ではないけど凄いことには変わりない.

映像面に関して. 3D系映像を作ったこと無いから, どんなけ大変かは具体的にはわからんけど, ベラボウに時間と体力を要するのはわかる. それなのに映像の質をここまで高めるってのは並大抵のことじゃないと思う. アマチュアとプロでは使ってる機材もノウハウも異なるので, 個人制作の作品って枠の中で比較するのはどうなんかと思うけど, その中では絶品!実写を追いかけるのではなく, 現在のCG技術の限界と特性を活かして, 現実味のないミニチュア特撮の映像を再現するってのは完璧なオリジナリティーです(自分の知識が狭いだけ?). しかも, パイオニアでありながら質が高い!

お話は特撮の王道の怪獣が出てきて, それを退治するロボット(ヒーロー)が出てくるって話なので, 元々スケールが大きいため, 短時間に収めるのが難しいのか.,, 個人的には「ウーン」って感じ. それを引いても, 設定やイメージが素晴らしいので楽しめる. まず「昭和百年」って(笑). 天皇陛下はえらく歳をとられてますね(笑). 次に, コクピットに繋がる電話(笑). もともと惑星開拓用ロボットでしたっけ? それなら, 電話に加入する必要はないですよね(笑). でも「通話」カッケー! もうね, 「俺はコレが好きやねん!俺が観たいから作ってん!だからコレでええねん!」みたいな一点突破. 自分は映像作品を観るときに, 何か一つでも良い所があれば幸せになれるので, 存分に楽しめました.

人物の造形と芝居に関しては, オッチャン, オジーチャンが素晴らしいと感じました. テクスチャでどこまで誤摩化せるか知らんけど, あんな風にしわって再現できるんですね. まぁ, もともとがサンダーバードみたいな人形のテイストを狙ってるので, 違和感が少ないんやろうけど. それと大概が座ってるシーンなので, モーションの付け方も違和感が少なかったです. 回想シーンになると, 上半身の動きだけで重心を取ろうとしてる様に見えて違和感がありました.

何作か特撮映像を見た事あるのですが今回初めて疑問に感じたことがあります. 怪獣の進行方向って台風みたいに予測できるんですか? まだ全然生態を解明できてないと思うんですけど.,,


【“粟津順 - 惑星大怪獣ネガドン”の続きを読む】

2006.09.17 | | Comments(2) | Trackback(0) | 映像 / 劇

たらこキユーピー行進

たらこ・たらこ・たらこ たっぷりたらこボックス(初回限定盤)人気が出ててCDまで出るらしい.,, 「え?今頃?」ってのが本音.

CM第一弾の時にツボにきて, 猿みたいになってた記憶がある. 着メロに設定して, 目覚ましに使って, ソレが心臓に悪いと気付くのにかなりの時間を要した. 着メロだけは今も使ってるけど.,, CM第二弾あたりからちょっと可愛さを狙ったアプローチが入ってきて, 「アー, ソウデスカー」って感じで興味が無くなってたんやけど, 最近, ニュースで知った.

微妙な和声とか, 更にその限られた中での抑揚の無い旋律とか, 曲は曲でオモシロいんやけど, CM第一弾の映像も妥協の無いブットバシでええです. 他のバージョンとは違って可愛さとは全く別の所で存在感をアピールしてるガキンチョがええ. この映像が無かったら絶対着メロにせんかったわ. 誰が創ったんやろ.

2006.09.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

Salling Clicker

忘れそうなのでメモ.

Intel でなくG5 ですらないお弁当箱には FrontRow は付いておらず, 何とか Bluetooth が付いてる状況.
そんな人に朗報なのが, 旧世代のアイテム「Salling Clicker」. まぁ, 都合良く Bluetooth Palm がそこら辺に転がってても, 足りない頭をカバーする程の体力は無いんですけどね.,,

一旦カスタマイズに慣れちゃえば, 阿呆みたいにイジクリ倒して楽しめそうな玩具ってことはわかるから.,, あぁ, 気になる.,, 一世代過ぎてからの方がシンプルで魅力的に見えてしまう.,,

2006.09.11 | | Comments(3) | Trackback(0) | PC / Apple

ビープにチャック

「ブー」たれるマザボには黙ってもらいましょ.

なんで Windows やとビープ音がシャクニサワルんやろ? OSX や Linux やと何ともないのに.,, ソフトに依存した使い方してんのが問題なんやろなぁ.,,

ってか ITmedia に Tips のコーナーがあったことに驚き.,,

2006.09.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | Life Hack

Yahoo!動画 - ロシアアニメ傑作選

Yahoo!動画でロシアの短編系アニメーションが色々観れるようです. 期間は 2006年9月1日~2006年11月30日. ちょっと短編系も気になり出した頃なのでチョクチョク観てこうかと思います.

パッと調べたらノルシュテイン氏の「霧につままれたハリネズミ」や「話の話」もある. いきなりDVDだとちょっと値がはるので, 気になってた人はこの機会に気軽にどうぞ.

2006.09.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

Social Search Equalizer

メモ.

情報の偏食になってるのでコレが実用的ならうれしい. 使えるレベルかどうかは別として, 情報を限定され過ぎると先細りに成るので, 良い意味でずれたのもピックアップして欲しい. そんな何でもわかった先人チックなん, ないかなぁ.,,

多趣味な人は幾つものベクトルを絡ませたら何とかなりそうな気がしないでもない. 逆にベクトルの中間を取って未知の領域を発見する使い方もできそう. 道具なんてモンは提示がスタートで, 使い方次第でナントデモナルでしょ.

一応ゲーム世代なんで, 非現実の限定された空間の調整は得意なつもり. ってか, 現実に対する不満から道具を使い倒すからイチイチ変な使い方になる. まぁ, 手先の訓練と一緒で癖が出来るのは当たり前やねんけど. そこで, ゼロから何かを創ろうって体力がないのが自分の駄目な所.

この分野の研究者の方々は自分の道を勝手に進んで下さい. 使う側もオコボレを勝手に膨らませるんで. そんな感じで, 互いに影響し合える社会ってええ感じ. 最近やっと若者文化を評価できる様になってきた.

2006.09.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

CUKR

CUKR」っていうチェコの情報誌. トゥルンカ関連を調べたら見つけた. この雑誌云々より Xavier Records の記事がある事にある意味ガックシきた., 結局, いつかは Xavier Records に辿り着いてんなぁ, と.

話は別ですが, Xavier Records リニューアルしてます. 前より検索等が良くなったとのこと.

2006.09.02 | | Comments(3) | Trackback(0) | 書籍 / 言葉

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。