スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

百瀬義行 - ギブリーズ episode 2

猫の恩返し / ギブリーズ episode2「おもひでぽろぽろ」, 「ホーホケキョ となりの山田くん 」好きやし「SF三部作」も好きやから百瀬義行氏のテイストは好きなんやろうって事で「ギブリーズ episode 2」.

観てみたら予想外の所でバビッた. 大平晋也:「ダンス」, うつのみや理:「美女と野中」, 田辺修:「初恋」. アレレ.,, 百瀬テイストを調べようとしてた筈やのに.,,

「ダンス」
大平氏に関しては, 今まで, 個性的な作画をする人としか認識してなかったけど, この人が評価されるのがこの「ダンス」を観て納得いった. 具体的にどう凄いかわからんけど(笑). 豚の人のお腹の肉が凄い.,, キモカッケー!

「美女と野中」
色調からキャラデザまで完璧にうつのみや調. この人の芝居や演出は好きやけど動きは生理的に気持ちよくはない. と思ってたけど, この作品に関しては動きも好き. 他の作品より中割り(?)が多くてカクカクじゃないからかなぁ? こういった小咄みたいな何気ないのは好き. 車窓に映るアベック(死語)のやり取りとか細かい所が面白い.

「初恋」
思いっきり「おもひでぽろぽろ」(笑). コレ好き. さり気ないのが好き. うつのみや氏の作画(演出)が見せる芝居としたら, 田辺氏の作画(演出)は見せない芝居. 自然過ぎてストーリーの邪魔に成らない. 家庭科室前の廊下の壁に寄り掛り, 離れる時の仕種等の細かい描写が自然過ぎて全然気にならない. でも無意識に眼鏡君の心情を理解しちゃう.

ジブリは宮崎調しか世間に認められてない気がするけど, こんな個性的な映像が観れる企画はドシドシ進めて欲しい(個人的に). 外部のスタッフも含めて個性的なテイストをこんなに好き勝手に出させながらレベルの高い映像を作れる企画ってそうそう無いと思うから.

昔, ギブリーズのオフィシャルページらしき物があったけど, 真剣に読んどけば良かったなぁ.,,
まめ知識. 「episode 1」についてはここ読んでもらえればわかります. 観たいなぁ.

スポンサーサイト

2006.04.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

連続体と焦点で目が痛い.,,

一日中視界の端っこで扇風機を捉えてたら, 首や眼球を動かす度に扇風機が首を振ってる様な錯覚を覚えた. 扇風機自体は全く起動してないんやけどね.

まぁ, コレってちっさい頃にやった「金網の立体視遊び」と同じ原理で, 左右の眼球で捉えてる画像が類似したパターン(羽カバー)を含んでる為に脳内での焦点がズレちゃうのが原因(って何も調べずに勝手に考えてる仮説). 要するにステレオグラム.

そんな事をボケーっと考えながら一日を過ごしてた様な気がする.,, でもソコから思考が発展してないのがアカンなぁー.,,

今思いついたけど, 脳内での左右の画像の照らし合わせでブレの許容は正面を0°とした時, 0°付近が一番許容範囲が広いんやろか? ±180°付近やと錯覚を感じ安い気がする. 単に画像の端やから照らし合わせられへんって安直な発想.

2006.04.26 | | Comments(2) | Trackback(0) | 思考錯誤

診断書

20060421.jpg

人を人と思わぬこの形容. 足指はもはや類人猿.
あの人たちに自分はこのように捉えられているのだろうか?

2006.04.21 | | Comments(3) | Trackback(0) | 写真 / 絵

心の墓

20060420

質量の無い物も墓に眠れるのでしょうか?
そもそも故人は墓で眠っているのでしょうか?
人の記憶に留まっているのではないでしょうか?

心を形にし, 意識して留めておかなければいけない時代なら, 人の身体には何があるのでしょうか? 心は流れていくところが素晴らしい.

2006.04.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

スネ夫とジャイアンの知恵比べ

ジャイアン シチュー作る.
スネ夫 食べさせられる.

ジャイアン「うまいか?おいしいか?」
スネオ「.,, すごい」

2006.04.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 書籍 / 言葉

真昼の月

山に遊びにきたのでそこら辺りを散策ついでに写真を撮りまくる.

自分が良いと思ったショットはかなり逆光が多いことが判明. カメラやと潰れるけど肉眼やとちらついてええ感じ. 時間帯を変えたところで物の見え方は周囲との関係と共に変わるから時間をかけりゃええってモンでもないし. やっぱり瞬間を捕らえる術が必要やわ. そんな洞察力無いけど.,,

代り映えってか, そもそも代わってすらいない被写体の傾向. あぁ, マスターベーション.


【“真昼の月”の続きを読む】

2006.04.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | うさばらし

携帯からモブログテスト

「関西一円あちこちあちこち中山石陵」なんて事がコレから多々あると思うので事前練習。

「エントリーの状態」の基本設定を「下書き」にしてるので意味なかった.,,

コレはコレでメモとして使えてしまう. どうしましょ.

2006.04.01 | | Comments(1) | Trackback(0) | Blog

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。