スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Xavier Records - 2月24日付け 新着

今回はチェコ特集. やっぱりチェコはエエなぁ.


20 Letu / Uz Jsme Doma (Czech Republic)
来たぜ来たぜ!僕らの"Uz Jsme Doma"! やっぱりカッケー!
もう, 気付いちゃったもんね, 低音質の方が味がある事に. 音質良いと輪郭がハッキリし過ぎで全然混沌としてない.,,
CD買ったら速攻でmp3に低ビットレートで変換して聴いてやんねん.


Aven/Triny (Czech Republic)
ジプシーってこんなんやったっけ? 不幸通り越してオチャラケてる様なイメージしか無かった. これはこれで歴史と哀愁があってエエ感じ. なんか「楽しむしか無いやん」って感じが一途.


Zivot V Obrazech/Minuta Ticha (Czech Republic)
ヒップホップのバックの音楽と平行で並列な感じは無機質でお洒落に感じちゃう. ミスマッチがマッチ.
シャベリは薬味で全然メインじゃない.

スポンサーサイト

2006.02.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

ゆけむり街道旅情ミステリー ~足湯に眠る温泉卵~

友人に連れられ, ぶらり足湯ツアーに行きました. 近くに温泉街があるのは良いもんだわ. 坂とか石畳とか, 風情が良い感じ. 毎日見てたらゲンナリやろうけど(笑).

20060224_01.jpg 20060224_02.jpg 20060224_03.jpg

光源が目立つ夜景の所為で, 画像に手振れが如実に出て, 自分のヘタクソさ加減を再確認したり.,, 眼球の光を捉える構造の素晴らしさを再確認したり.,, ウーン, デジカメ欲しい.

全部オートで撮ってる.,, フォーカス遊びすんの忘れてた.,,


【“ゆけむり街道旅情ミステリー ~足湯に眠る温泉卵~”の続きを読む】

2006.02.24 | | Comments(5) | Trackback(0) | よしなしごと

animEX - Welcome to the Animex Audience Awards 2006

よくわからんけど, アニメーションのコンテスト. 面白そうなんメモメモ.

Carlos Fernandez - Bath Time
互いに互いをわかったふりでのやり取りと, 子供の往生際の悪さみたいなのが面白い.


Lee Nah Yeo - Crocodile Journals
チェブラーシカ」のワニ君の様な哀愁が漂ってる. あの"化けの皮"のセンス好き.

Olivier Daube, Sonia Desmichelis, Wilfired Pain, Bertrand Piocelle, Jean-Vincent Sales - Gnap Gnap
メビウスのタッチで一昔前の大友風な感じ.

Cedric Herole - Mimi Carina Et Le Chateau Noir
柔らかいタッチでファンシーな映像. これメッチャ好き. HPの翻訳機に直でぶっ込んだ様な日本語も潔くて好感が持てる(笑).

Marco Nguyen, Pierre Perifel, Xavier Ramonede, Oliver Staphylas, Remi Zaarour - The Building
久しぶりに観たけど, 記憶にあるよりもかなりスタイリッシュ. 悪く言えば形式的. CGのコミカルな動きってある程度収束して来てんのかなぁとか思う.

2006.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

アマチュア楽曲(2ch)

アマチュア楽曲を漁ってるとたまに面白いのを発見する. でもコミュニティー自体が少ないので探すのも一苦労. 大手ではmuzie, ほんで2ch.
ほんで(昔に)見つけた面白いヤツ↓.

(水)ミニマルminimalミニマルminimal(水)
59, 105, 155

ノイズのワークショップ
10, 19, 23, 35(メタル), 43, 47

前衛的な音楽をUPするスレッド
9, 16, 124, 175, 188

ミニマル聴いてるとトランスって単語が頭に浮かんだ. トランスってどんな音楽やったっけ?

2006.02.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

間接保存

映像をブラウザで開いてて保存しようとしたらうまく行かん時が多々ある. QuickTimeをプロにしなアカンかなぁとか思いつつ何とかごまかしてる.

サーチボックスにURIを入力する.
20060222_01.jpg
そしたら, URIのリンクが含まれる検索結果を表示してくれるから, そこで「リンク先のファイルをダウンロード」.
20060222_02.jpg

終了.

2006.02.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | Life Hack

iTunes Music Store のリンク作成

いつか忘れそうなのでメモ.

曲やジャケットを右クリック, 「iTunes Musi Store URL をコピー」. 今まで面倒くさい事してた.,,

2006.02.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | Life Hack

VENETIAN SNARES - Moonglow

ハードディスク整理してたら, ずっと前に紹介してもらったアシッドジャズ(?)があったのでメモ.

VENETIAN SNARES ってグループで, 日頃はブレイクコア(?)をやってる? さっぱりわからん.,, ジャンルもさっぱりわからん.,, でも好き.

試聴 : Flash, MP3, iTMS.

2006.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

エレアコフレットレスベース

ここまでくるとベースの個性が消えている様に感じる. フレーズは好きなんやけど.,,

具体的には↓やって.

◯AMAHAのエレアコ・フレットレスです。 # まだ作ってるかなぁ?
ライン録りせずマイクで拾いますた。
左手で押えるのは1弦のみ、2弦は解放のみを弾く。3,4弦は全く弾かない。
基本的に1弦,2弦を一緒に弾いちゃう。
んで、1弦を押えてる指が時々2弦に軽く触れて「ビヨーーン」と鳴るとよいです。
指板の上で勢い良く1,2弦を同時に弾くとどうしてもあの「カツカツ」が
出ちゃうんだよな......orz

2006.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽 / 音響

チャットと言うより掲示板として使いたい.,,

Blogにちゃっと付けました.
記録時間を"消去しない"にしたからどんな感じになるかわかりません. 一定量オーバーで消去されると願ったり叶ったり.

記録に残らない様な気楽なコメントがいただければ嬉しいです.

2006.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | Blog

openArt - 色々シキシキ

デジスタのと色々かぶってる.

平林勇   - TEXTISM : WMV, QT
野上寿棉美 - UFO : WMV, QT
鮎澤大輝  - Loop pool : WMV, QT
井村剛   - 「カンズメ。」 : WMV, QT
Yochino Mayumi - Rose garden : WMV, QT
平田陽   - LOOP : WMV, QT
ぴろぴと  - まーちゃんのりんご : Flash
赤木沙英子 - しももも : WMV, QT
大倉真輔  - 想 : WMV, QT
永田ナヲミ - 注文の多い料理店 : QT
ぴろぴと  - 滑油式 : Flash
納谷一郎  - snd img src : QT
福原史生  - Circle1 : QT
島先力   - The Fucking Ridiculous : QT
鈴木専   - はな WMV, QT
辻田幸廣  - The Order : WMV, QT
ぴろぴと  - 若後家接吻荘 : Flash
奈古屋恵  - Tote's lamp : WMV, QT
桑山佳代子 - シラ : WMV
青木香   - NYAON LIGHT- Thank you David : QT
渡辺淳   - 待人 : QT

2006.02.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

レトリックばっかり磨いても話にならん

今日の教訓.
Keyword 「水掛け論」「話の摺り替え」「戦略戦術

「水掛け論」
背景と目的の関連性が明確でないから, 手段の話に移行してもどうでも良くなる. 話し手は話の落とし所を一応は指定するが, 話が落ちる瞬間を決めるのは聞き手. 話が巧妙だと最後に落ちる. ヘタだと途中の理解で間接的に落ちる. 「落ちた」「落ちてない」のやり取りは役割分担ができていない.

「話の摺り替え」
互いの基底概念の違いが焦点, 展望をズラしているため, 共通の問題意識を確立しない事には先の展開に全く意味を認識できない. で, 一先ず底を固める話をしようとしたら, 問題意識自体に必然性を感じられなくなりどうでも良くなる.

「戦略と戦術」
さらに厄介なのは, "手段=手段"で"手段=目的"でない為に, 問題意識自体を理解できた時には残りの話にてんで興味が無くなる. 手段に独自の概念が含まれていて"手段=目的"なら話は別.

「遅れ誤差」
話を途中で止められて疑問を投げ掛けられるのは, 前提と目的の道筋が曖昧なため. 「三歩進んで二歩下がる」つもりが, 他人には五里霧中の一歩. 「取り留めの無い話」(押し問答, 水掛け論ではない)はその場では結論を得ないが時間を掛けて平行処理する事で全体像を理解する. 結論を目的としない会話の特性.

もっと全体を見通して話せる様にならんとあかんなぁ.,, 「それって, わざわざするような面白い話なん?」とか「で、結局なんなん?」とか言われん様に.

2006.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

悪夢にうなされる?

どっかのホテルでビデオを観てて先が気になるから, 借りに行こうと部屋のドアを開けた所, 真っ暗な廊下に一瞬白い軟体が見えた. ほんで, 瞬時に体が圧迫され始めた. ほとんど金縛り状態だったので, 身動きができなくなる前に助けを呼ぼうと意味不明な奇声をあげた.

自分の奇声で目覚めた. キモイよ.,, 自分の奇声. そっから変に意識過剰になって布団から顔出されへんし.,, まだまだ子供やねぇ.
夢の中の異常な状況の方が冷静に対処できている自分って.,,

2006.02.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | よしなしごと

脳内体系

失楽園」を思いだそうとして「後楽園」しか出てこない頭.

それだけ.

2006.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | よしなしごと

The JD4X Project

X Window 上で Java を用いたデスクトップだとさ.
Javaならプラットフォームに依存しないから流用できるし便利なんでしょうねぇ.,, でも自分は古い世代なんでJavaは"重たい"って認識しか無い. まぁ, 最近のマシンスペックはそんなのは屁ともしないんでしょうけど.,,

色々と新しいインターフェースが開発されてるけど, ハイテクとか感じてる時点でデザイン的(コンセプト)には全然ハイテクじゃないんやろなぁ.,, とか思うのは基準を作ってしまった人の頭の中だけ? 次の世代の人達はそれが基準になっちゃうし. 世代間を巧く流れないものなんかなぁ.

前にJavaで立体的なデスクトップをナンタラしようとしてたProject Looking Glassってのがあった. 思いだしたからメモ.

2006.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | PC / Apple

共同体の精神

ヨクタエタ、イキタエタ。

ちゃん、ちゃん。

2006.02.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | よしなしごと

共同体の精神

「男は黙ってプログラム一つ!」と向いのデスクの人が申しておりました.

しびれるねぇー. make とかできんだけ.,,

2006.02.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | よしなしごと

平林勇 - TEXTISM (2004)

平林勇氏のショートフィルム.

今まで"桜の樹の下の死体"は坂口安吾が原典やと勘違いしてたけど, 梶井基次郎やってんなぁ.,,
「桜の森の満開の下」は"首遊び"と"妻殺し"の頭に浮かぶ倒錯的映像しか楽しめんかった. 時代背景等の前提が自分にはないので, 小手先のテクニックとか勿体振った言い回しが鼻について, 感情が感じられんかった. 想像力が欠如してんのかなぁ? けど, 今回, 初めて「桜の樹の下には」を読んだら面白かった. 斜め読みして単語をピックアップしたらイメージの洪水でえがった. 独楽の例えとか好き.

後世に残る様な古典は一通り目を通したいなぁ. 残るだけの価値があるんやし, 正当な評価でなく誇大宣伝されてる現代の多くの作品に目を通すよりは効率いいと思うし.

「TEXTISM」は TEXT 01 と TEXT 03 が好き. なんかサウンドノベルみたい. 「弟切草」とか.
この作品は生理的に理解できる. 音と絵は直感に作用するから時代背景とか知識をあまり必要としない. サウンドノベルってのは想像力欠如の人の為に役に立つんやなぁとか思ったり思ってみたり. ほんでさらに想像力が欠如するとか思ったり思ってみたり.,,

2006.02.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映像 / 劇

(→デジタル→アナログ)^無限

ひらがなを見てたらヘンテコな形って思いだした.




「あおけぬみむめゆを」辺りは難しい.,,
日頃は字を記号としか認識してないから, 細かい差異は修正される. ほんとは色々な表情があるのに.,, 手書きの字でなく統一されたフォントの字ばかり見てる現代人ですわ.

字は文章を構成する単位なんだけど, 実際はアナログ線を枠に当てはめて記号化されてる. 線→記号化→文字→連結→文章→読む→解釈 ってプロセスを辿るねんけど, 最後の解釈ではまたアナログに落ちて統一された記号みたいには成らない. 変換の多重構造で複雑.

まるでアレやね. 人体の基本単位は大きいから, デジタルデータはパッと見効率良さそうに思えるけど, ちっさな世界で考えると一定の領域を一つの単位に置き換えて記号化してて, 本当は効率悪いのと同じ. 文章用の文字と同じ構造.

人間社会で流用できるフォーマットってのはこんなんばっかやわ. 事実や歴史ってのも人間模様を記号化した物でさらにソレを解釈する時代の人を通してさらに歪な事実や歴史に変換される. (良いとか悪いとかじゃないけど)どんどん劣化してる(笑). 一言で片付けると「伝言ゲーム」.

まぁ, そこが人間の面白い所やねんけど.

2006.02.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。