スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

歳をとるにつれて世界は広いなぁ感じます. 子供ん時に比べて視野が広くなっただけなんやろうけど.

アレと一緒です. 「馬鹿は風邪ひかない」 ひかないんじゃなくて気付かないだけなんです.
だから, 「馬鹿は風邪知らない」(パクリ)

儂も少しはマシな馬鹿になってきた?

スポンサーサイト

2003.07.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | よしなしごと

愚痴の自問自答

音楽ってのは何なんですかね? 生きて行く上でのただの音情報なんですか? 多分そうなんでしょうけど.

リズムは母体の心音とかから来るらしいし, 心地よいリズムは文化圏によって色々と違うし.
音楽=外敵の危機を感じなかった経験を含んだ音, または成長(進化)を促す経験を含んだ音って事ですか? 極端に言えば, 音楽理論や法則性なんか必要ないし, 音を使った受け手のマスターベーションやし.,,
古い場合やと, 癒し系(死語)って何ですか? セラピーですか? 薬ですか? ラリってるんですか? それって音楽?

定義しなくても小規模のコミュニティなら感覚を共有することが出来るのにそれを世界レベルで実践しようとするのがムチャなんで, そんなん出来たら戦争なんて起きないし.,,
でも結局求める側としては, それだけではコミュニケーション出来ないのが現状で, やっぱり体系とか定義が必要なんです. 昔みたいに政治的, 社会的な意味を含んで使われていれば話は簡単なんやけど, 現代においての娯楽って位置付けが結構ややこしい.
融合できない文化を無理やりさらけ出し共有しようってのがムチャで, それが鍵でもあるんです(ムチャと必要性は無関係として).

商業的には需要があって供給できればそれで万々歳で, そこに提供側が意味を込めない以上, 世界レベルでの定義は確立されないとか? 不特定多数を相手にしている以上, 個人々々の要求なんかもちろん無視で, そん中から個人が楽曲を選んでいるのが問題で, そこには楽曲に対する共通の認識が含まれていない.
それでも音楽と言うものが成り立っているので, もしかして娯楽に定義などは別に必要ないとか?
今日のネットワーク社会において文字情報のように, 社会を構築するうえで重要でない情報は定義する必然性さえないとか?

2003.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思考錯誤

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。