スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

Ray-Ban - Virtual Mirror

今ならARを用いて自宅で試着ができちゃいます.



既にこんなサービスが提供されています(↑). メガネスーパーさん「メガネ試着シミュレーションサービス」なんてやってる場合じゃないですよ!

こっちはまだコンセプト段階かな? ちょっと(かなり)無理がある.,, 女性服はラインが立体的だから難しい. プリントTシャツだったら, 典型的体型のモデルを作成すれば, サーフェイスを張り替えれば使いまわせそう. 体全体が写る立て鏡サイズの販売したら, 売れるかなぁ? こんなん普及してもファッション(流行って意味ね)があるからカリスマ定員とかはいなくならないかな?

スポンサーサイト

2009.08.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

電脳メガネ ≒ HMD + PTAM



ISMAR 2007 の話なんですが, 既に3D空間と3DCGのマッピングってラップトップでも可能なんですね(↑). 全然, 知らんかった.,, ちなみに2009年現在では携帯端末(iPhone)でも同様の処理が可能なようです. PTAMのソースは公開されてるので興味がある人はどうぞ. デモはIEEEカメラ使ってますが, USBカメラでもそこそこ解析できるみたいです.

Wrap 920AVのカメラ・ヘッドトラッキングオプションと組み合わせたら7割減電脳メガネ. 動体(手)の認識で仮想端末が操作できるようになったら純粋に遊びたいです. ダースベーダーは.,, 走り回られても邪魔なだけなんで(笑).

で, 期待してた Sekai Camera ですが.,, ほとんど「モバイルEye-Trek-慧眼- 」. 全然初期コンセプトとちゃう. 「モバイルEye-Trek-慧眼-」 + 「TwittAround」 + Z軸 = Sekai Camera って感じです.,, サービスとしては面白いかなー?と思うけど, AR技術としてはうーん.,,

2009.08.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

ワイヤレス充電技術

以前, 非接触型バッテリープレート云々とか書いてたけど, もう実現化されそうなんですね.

AirTrans.」テーブル単位だったり, より無意識な感じが良いです.
eZONE」は自分が考えてた使い方に近いかな?

まぁ, 未来の技術ってのは誰でも考える事は同じやね.

2009.05.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

Jussi Rantala - 振動で点字を伝えるタッチスクリーン

やっぱり次はそっちに行くよねってことで, 振動で点字を読めるタッチスクリーンの開発があるそうです.

振動で点字を伝えるタッチスクリーン、フィンランドで開発中

読み取り時の圧力と操作時の圧力を判別する必要があるからスレッショルドが多段階になるのかな?

でも, 4/1 のニュースやしなぁ.,,

2009.04.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

JSTバーチャル科学館 - マインド・ラボ

視覚, 空間, 時間, 意識の成り立ちを理屈だけでなく感覚で理解させてくれる. 感覚さえ理屈で理解させてくれる. 理解している意識さえ感覚で理解させてくれる. とてもよく出来たプレゼンテーション! NHK教育より為になりました. そんなサイト→JSTバーチャル科学館「マインド・ラボ」

物理的な盲点, 時間の増減, 色の相対性, 影と奥行きは特に面白かった. 科学を突き詰めると最後は確率に辿り着くってのがなんとなく感覚的に実感出来ました. 意識を解説するサイトであっても基本は右利きなんやね, 左目を隠してマウスを動かす実験があるけど, 左手でマウスを使ってる自分はちょっとめんどくさかった.,, まぁ, 左右逆でも現象は確認できるんだけど.,, 宇宙空間育ちの人が作った映像って地球育ちの人からしたらとても興味深い研究対象なんでしょうね. 以前書いた左右のエントリーに関連して自分の認識構造に肉付けができたかな?

サイトを読んでである経験を思い出した. 7才の時に図工の時間にマンセル・カラー・システムみたいなのを教わったんだけど, 未だにあまりピンと来ない. 色と色を混ぜると当たらしい色を作れるんだけど, 色を作るのがパレッド上だから絵上では違う色になる(油絵はやった事ない). 教えてくれた人は色の相対性についてもちゃんと説明してくれたとは思うけど, 人の話を聴かない自分は離散的に表現されたマンセル・カラー・システムだけ見てずっと勘違いしたままだった. 現在は光の波の性質から逆算して色という感覚の相対性を理解しているけど, まだ, 直感に落とせてない.,,

2008.07.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

skype によるアドホックネットワーク

研究室時代にアドホックネットワークを研究している同期がいました. 当時はなんて不安定で実用性のないシステムだろうと考えていました. が, Skype について調べてるうちに現実味があるシステムであることがわかりました.

技術的な事に興味がある人はご存知だと思いますが, Skype の通信ネットワークは P2P で構築されています. Winny とかで悪いイメージがありますが技術的な観点からは興味深いシステムです. 各クライアントが処理を分担しているので, サービス提供側は強固なサーバを用意する必要がありません. ネットワークを各クライアントに依存しているので保証はありませんが無料である事を考えれば十分な品質のサービスです.

アドホックネットワークってのはザックリ言えば多数の移動機端末によって通信経路を確立するネットワーク. 現在の Skype の普及はネットワークに繋がれたPC端末ですが, 携帯として普及すると移動機端末となります. Skype 移動機端末による P2P ネットワークは人間のいる所をほぼカバーできます(ホスト間の距離が大きいと無理ですが.,,). まぁ, 携帯ではホスト機能を常時提供するだけの電力はまかなえないので現実的に考えれば車かな. ビジネスライクな使用では盗聴の危険や回線の保障が無いので使い物になりませんが, 一般の人が会話する分には十分な品質です.

現代人は世界が広く遠いとも感じていないので, そんなに親密なネットワークは必要ないのかも. 用途, 階層に合わせたネットワークがあっても良いのかも. 人間の実はあやふやで稀薄なネットワークを技術的に再現できていているのが面白く, 技術に表現を感じます. 最近の芸術は科学に傾いているので逆に科学を芸術表現と捉えるのは自然な流れかな. 自分の価値観は新しい価値観に追い付けていない, 流れに乗れていないなぁってのも感じました. 一般を追従できない? まぁ, 異文化に囲まれているので刺激と理解の悦びはあるんやけどね.,, 同じ事書いてますね, 進歩が無いですね, 意識を意図的に積み上げるのも程々にしないといけませんね.

アドホックネットワークについてはしっかり調べていないのでこのエントリーは鵜呑みにしないで下さい. 各端末をどう管理しているのかとか自分でも謎な所が多々ありますので.,,

2007.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

CGM Watch

ブロガーの感性を抽出し詳細に解析することが可能になったことが最大の特徴」らしい. ホンマかいな.,, その場合って既に言葉が結論を出してるんじゃないの? とか思ってしまう.,,

自分の場合, マーケティング対象は"自分"なので AdSense とかも自分のために使ってる節がある. ので, オープンでなく, 半分クローズに使いたい. 日記とか解析して社会の流れとの関連性を調べたりとか, そんな感じ. この Blog なんて解析用のネタやし.

まぁ, コッチ系の技術は薄利多売的な実用性な感じがするので当たらぬも八卦当たるも八卦と認識しときます.

2007.02.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 半歩先行く科学力

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。