スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展

バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン展. 東京出張のついでにちょっくら寄ってきました.

正直バウハウスはイメージだけで実態を良く知らんのです.,, ロココ調な無駄に豪華な路線から工業的機能美に転向したような, かなり無茶苦茶なイメージ.,, で, そんな人が興味本位で観てきました.

今の時代の家電製品がバウハウスが必要とされた時代に比べてより洗練されている為か, まだまだ機能に無駄があり, 実用性に欠けている面がチラホラ見えました. 「大改造!!劇的ビフォーアフター」みたいなギミックを搭載された処で, 日常の動線を考えると, 明らかに人間への負荷が大きい. ライフスタイルに対するデザインでなく, 技術を消化する為のデザインに見えたり見えなかったり.

でも, 贅沢に飽きなければ質素に目覚めないように, 改革の位置づけてで考えるとバウハウスは先進的だと思います. 極端な技術でなく, 少し視点をずらしたアイデアが利便性をもたらす. というのが汎用性があり人々に理解され易いのでしょう. 7歳位のときにシステム手帳の機能に夢中になってた自分を思い出しました.

で, 展示をしていたパナソニック電工汐留ミュージアムに置いてあった MoMA DESIGN SOTRE のチラシに興味を惹かれたので翌日足を運んでみました. 日頃購読してるブログ(Yanko Design, J-tokkyo, 雑貨kUkan, まとめのインテリア)の気になってた雑貨を実物で見る事ができました. こんな店があるから東京はズルいですよねw

大きな地図で見る

マルチカードリーダー, 1/100建築模型用添景セット, 鎌倉の味 鳩サブレー 豊島屋, ルアウ充電式ライト, GreenPin, etc.,, チラシに載ってた本命の Pipette Bottles Vinegar And Oil Table Set は見つかりませんでしたが! 「バタフライスツールが4万円台が買えるんだー」とか色々楽しめました. ちょっと変わった物好きな人は楽しめる店だと思います.

スポンサーサイト

2010.10.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

壁の本 - 杉浦貴美子

壁の本壁の本
(2009/09/02)
杉浦 貴美子

商品詳細を見る


壁マニアの杉浦貴美子氏が撮った壁がひたすら載ってます. なかなか味のある壁ばかり. 壁の見方(?)は歴史を想像する事. 勝手に周辺地域の風土を妄想して建築物の歴史を構築する. 年輪を読む感じ.

自分もたまにパシャリします. これ↓は東京ミッドタウン辺りの壁.

MobileMeGalleryのWidgetってどうやって使うんだ?

2009.09.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

引込線 - 所沢ビエンナーレ美術展

西武鉄道旧所沢車両工場で開催中の「引込線」へ行ってきました. 車庫と倉庫の骨組みが見たかっただけなんですが, 色々と楽しい展示でした. どこまでが展示でどこまでが展示かわからん処が特に良かった(笑).



サンプリングした音声を時系列をバラバラに組み立てる事で何かを表現してるのがありましたが, 普通にノイズミュージックと勘違いしててノリノリでした(笑). ヘドバンです.

鏡にライトくっ付けて鏡の中の世界を照らし出してるのも面白かった. 子供の時って無意味に懐中電灯に蓋したりしますよね. アレは光が遮断されてるからホンマに作用が無いねんけど, 鏡に向かって遮断すると懐中電灯自体を照らし出す光(外的光)が連続性を構築しちゃうんよね. 認識論的な話になっちゃうのかな? 照明は物体を照らし出す, つまり, 人間の視界を構築する作用があるって意識があるから照明自体が物体を照らし出さなくても作用が働いてると認識しちゃう. やろなぁと妄想.

良くわからんけど, こういった物体の相互作用, 相互干渉が「もの派」なんですか? 物理学, 認知科学との違いがよーわからん. 生産性への発展を考えると哲学, コンセプチュアル・アートに近いのかな? 芸術で社会に表現する意味は人生守りに入った頭の固い連中の頭をカチ割って無理矢理理解させる為やと思ってたけど, 結局グダグタ作用を説明してたんじゃ論文発表してるのと違いが無いような気がする. ウーン. 素材であれば良いのか? 産業的に原始的な物体を使って何かを主張すれば「もの派」なの? 21世紀では既に他の分野に吸収されているような気がする.

現代でうんちくを語る"芸術家"が何をしたいのかが, 今の処よーわからん. 何かをしたい訳でも無さそうやけど. 箸が転がる様に可笑しさを発見しなきゃいけない時代なんかなぁ. ソレはソレで緊急事態だ! そー考えると重要な活動な気がしてきた. でも, 文化は細分化の一途やしなぁ.,, ウーン.,,

2009.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

ル・コルビュジエと国立西洋美術館 - 国立西洋美術館

東京は「たかじんのそこまで言って委員会」放送してないしサーバにVPN仕掛けるの忘れてたから溜まったデータも処理できんしやっぱり暇やわーって事で今日も東京散策.

ル・コルビュジエって誰? まぁ, 理論付けされた無機質のうんちくが知れそうやからええか」って感じで足を運んだんですが, 国立西洋美術館を設計した人なんですね. しかも, 人体を基準とした「モジュール」の概念は何故か既に知ってた. なんでやろ? 「無限成長美術館」は誰かさんの個人宅の螺旋構造とは別の概念(誰の建築かは忘れた)? 理論は既に知ってたけど, 実際に建築物で体感できたのが良かった.

うちの部屋(ホテルじゃないですよ)は歳が自分より上で基本サイズが小さいんですよね. 日本の食生活が豊かになり基本単位が変わってる. キッチンは特にそれを感じる. 規格ってのは一般化が必須ですけど「モジュール」もある程度融通効かさなあかんですよ. 西洋人と東洋人じゃそもそも規格が違うし.,, って事を「モジュール」体感コーナーでヒシヒシと感じる.

「無限成長美術館」は展示が順序よく展開してかないといけないんじゃない? と思い,自分は本館1階で建築理論を読んでからは展示でなく建築の寸法ばっかり観察してた. 絵画はあまり興味を惹かなかった.

本館2階のベンチからの景色がエガッタ. 箱庭みたいな感じ. 自分なら雨の日にそこでずっとボーっとしてそう. 箱庭欲しぃなぁ, 町家に住みてぇなぁ, 盆地の夏と冬は耐えられねぇなぁ. 当日は天気が良かったのでずっとゴリアテが飛んでましたが.,,

展示は「収穫物の脱穀」が良かった. よー意味はわからんけど「Fraggle Rock」的な無常観がある. 何か収穫を純粋に喜んではないよね. 搾取の背景がどっかにあるよ多分. 知らんけど.

そんなこんな.

2009.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

赤 黒 金 銀 緑 青-前田正博の色絵 - 菊池寛実記念智美術館

菊池寛実記念智美術館で開催中の「赤 黒 金 銀 緑 青-前田正博の色絵」に行ってきた. コレがかなりHit!

色がね, もう, ドンヨリしてたり擦れてたり主張し合ってたり, 人間の根性ババ色な所が再現されててタマンネーです. ガレは空間的に何層も構築する事で人生の深みを出してましたが, 前田正博氏の色絵は単純に色が深いのよね. 技術的な事を云えば同様に何層も重ねた色彩なんですが, 色を重なる事で最後に到達する色が人間の思い出と一緒なんですよ(西洋は重ね塗りが当たり前?). もう完璧に腹黒. 擦れてるのは痴呆に突入して自然と一体化しかけてるような無常観.

隣の西洋館も観てみたかったけど公開されてなかった. 2009.09.12公開らしいので興味がある人はどうぞ.

2009.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

Stitch by Stitch ステッチ・バイ・ステッチ針と糸で描くわたし - 東京都庭園美術館

会社の「焼け石に水!大作戦!」で東京に飛ばされてホテル暮らし. ホテルに居てもする事無いので東京散策. 土地勘無いから美術館巡り.

Stitch by Stitch」展を観に行ったのに, 結果は「朝香宮邸は素晴らしい」. 裁縫に詳しくないから建築ありきの展示に見えてしまう., 自分は「布は単体で存在し得ない」と云う考えだからそれも仕方ないかも.

竹村京氏の展示は売家の家具に掛ける布の様で面白い. 自分が考えるに布は何かに寄り添う(覆う)ために自由度を持っていて, その自由度をコントロールするのが面白いのではなかろうか? 女性の服は女性の立体的なラインを際立たせたり, 逆に消してしまったり, 寄り添ったり, 隠してしまう作用が面白い. まぁ, 俺は男なんでツンツルテンのラインに隠し味を施す事ぐらいしか頭が回りませんが.,, で, 竹村京氏の展示はラッピング(?)に焦点を当てたもので, 物体を包んだ後に内部を粉砕していた. コレは実に面白い. 「シュレーディンガーの猫」のように面白い. 存在を否定して, 可能性を広げるために物を包む. でも, 物体そのものは布に包まれた空間に限定されるので過程が記録される. いやぁ, 何が面白いかまだ自分の中でまとまってないけど面白い(笑). ある意味カオスを制御してるとも云える. 云えるのか? あ, ちゃうわ. 壊れた物体を繋ぎ合わせて糸で結合してラッピンしてるのか. 物体の過程を否定しながら物体に過程を内包させる事で物体を肯定してるのね. 糸の仕事をしてますね. 「STREET OF CROCODILES」みたいな感じかな? わかんねぇ. やっぱり面白い.

今の処, 2009.09.13 まで東京に居る予定なのでおもしろい所があればおしえてくださいな.

2009.08.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

Maple Phone

自分の知り合いには未だに mova を使い続けている強者が2人います. 携帯電話として使用するなら別段問題ありません. 人によってはメールやブラウザなんて必要ないと思います(自分は無駄にゴテゴテした iPhone 使ってますが.,,). そこで知り合いにすすめたのは, docomo の「らくらくホン シンプル」. 音声通話のみと割り切ったスタイルがむしろ斬新. その中でも際立つ機能が手書きの引き出し式電話帳. ダイヤル式電話のダイヤル中心部に電話番号を書くあの感覚を思い出す. ターゲットが携帯文化に慣れていない人用なので無駄に大きいのが若年層にはマイナス. もちろん却下されました. テレホンカードサイズで音声通話のみだったら買ってますね.

で, 若者向けのソレっぽいのないかなぁって思ってたらソレっぽい Maple Phone ってのがありました. 寮の玄関にある名札みたいな感じ. アナログな感じがエエです. アナログ感を実現してる技術はデジタルですが.,, スライドしたら動画も見れるみたいですが, ここまでシンプルだとギミックが邪魔ですね.

2008.09.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 物体 / 装置

«  | HOME |  »

Profile

元

  • Author:元
  • 7才を行ったり来たりの偏屈の朦朧雑記. かなり無責任に書き綴っていくつもりなので, トラックバックやコメントも気軽にどうぞ. 内密な話はメールにて. そんな感じで.

最近の関心事

Twitter

Tumblr

タグクラウド

FC2 Search


Google Serch


Tree-Arcive

広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。